ネットで稼ぎ、野菜を育て、魚を釣って、肉を狩る。「健康な心身」と「家族との時間」を手に入れるため、選んだのは半自給自足の道だった。
Read Article

【鳥猟】初めて選ぶ空気銃。新人猟師がおすすめするエアライフルは3種類

【鳥猟】初めて選ぶ空気銃。新人猟師がおすすめするエアライフルは3種類

どーも、こんにちは。

プレチャージの空気銃、レインストームで主に鳥猟をしているトシです。

 

今回は、1猟期を終えてみて銃について思ったことを。

 

これから猟師になる方に向けて、

初めての空気銃を選ぶ時のおすすめ3種を紹介します。

 

空気銃を検討している人は参考にしてみてください。

 

 

まずは定番(?)のアレ

 

最初に紹介するのは、空気銃猟を目指す人なら一度は必ず候補に入る、アレ。

『シャープ:エースハンター』です。

 

漫画『山賊ダイアリー』の影響は大きいですよね。

猟を始める若い人(20〜30代)でこれを読んでない人はほとんど居ないんじゃないでしょうか。

 

そこで “安い” と紹介されている、エースハンター。

新品の銃が20万以上するにも関わらず、中古で5万ほどというのだから、初心者の候補に入らないはずがありません。

 

僕も、この漫画の影響で免許取得に至ったため、初心者講習(銃所持に必要な講習)を終えた直後は「絶対にエースハンターにする」と考えていました。

 

まあ、結局は「プレチャージ銃のレインストームを個人輸入」することを選んだのですが、やはり初心者にお勧めの銃であることは間違いありません。

 

 

とにかく安いし。

 

 

ただし、いくつか注意点があります。

・ノーマルのまま使うなら、安定して狙える距離は30mくらいが限界だと考える

・それ以上40m〜60mを安定して狙いたいなら遠射(遠くまで撃てる)カスタムが必要

・古い銃が多いため、使用前のオーバーホール(分解&清掃&各部消耗部品の交換など)が必須

・メーカーのシャープは既に無くなっているため、メーカーからの保証は受けられない(銃砲店の保証はアリ)

・かわりに北海道の近江屋さんがシャープ製の銃のメンテ・カスタムを請け負ってくれる

・カスタムによってパワーは上がるが、メンテナンスのサイクルは多少早くなる

 

 

古い銃なので『オーバーホール』は必須です。

 

購入する銃砲店でも納銃前にやってもらえるかも知れませんが、

個人的には、最初に近江屋さんに『遠射カスタム』と合わせてお願いするのをお勧めします。

 

 

『最初だし、30mを狙えれば十分!ノーマルのまま使うよ!』

 

というのもアリですが、地域や猟場によっては初心者が30mまで近寄るのが困難だったりしますので。

 

 

ワクワクして始めてみて、でも結局1羽も獲れなくて、ガッカリしたまま1年目を終える。

なんとか翌年も続けてみるけど、やっぱり近寄れなくて、嫌になって行かなくなる。

そうして、数年で猟師を辞めてしまう。

 

 

そうなったら悲しいじゃないですか?

 

 

僕も今は慣れましたが、最初の1ヶ月ほどは出ても獲れないと本当に虚しくなりました。

それを覚悟してノーマルを選ぶなら良いですが、そうでなければ最初に『遠射カスタム』してしまった方が幸せになれます。

 

銃代とカスタム代を合わせても、

程度の良いプレチャージの中古より安いわけですし。

 

 

 

猟の成果を上げたい人、予算のある人は安定のPCP

 

初心者におすすめの2つ目は、やっぱりこれ。

安定の『プレチャージ銃』ですね。

 

お買い得な中古は少ないですし、程度の良い中古は新品と価格差も大きくありません。

そして新品は高い。

 

 

ですが、それを補っても余りある安定感があります。

 

 

実際にレインストームを使って思いますが、道具の性能差って大きいですよ。

 

レインストームなら50mを余裕で狙えますが、例えば上のエースハンターのノーマルなら余裕で狙えるのは30mになるわけです。

1猟期目に獲った獲物5羽のうち4羽が30m超だったことを考えると、エースハンターであれば1羽しか獲れてないことになります

 

 

獲物を獲りたくて猟師を始める以上、やっぱり獲れないと辛いです。

外を歩くだけでも非日常を楽しめる狩猟ですが、何も獲れないよりは獲れた方が嬉しいですし。

 

 

なので、猟果(猟の成果)を優先したい人であれば、プレチャージ銃をお勧めします。

 

『FX:トルネード』『エバニクス:レインストーム』『コメタ:オリオン』なんかは安い部類に入りますし、

特に「単発式→連発式」に買い換える人は居ても、「連発式→単発式」に買い換える人は少ないと聞きます。

 

初めてなら、単発式の『トルネード』の中古とか良いんじゃないでしょうか。

同じく単発の『』

 

 

 

敬遠されがちだけど、じつは優秀・・?

 

狩猟初心者におすすめの空気銃。

 

3つ目は

『口径が大きめ(5.5mmか6.35mm)でハイパワーの中折れ式スプリング銃』です。

 

ええ〜?

中折れ式のスプリング銃〜?

古くない??

 

なんて声が聞こえてきそうですが、

身近にスプリング銃で僕の6〜7倍猟果を上げてる猟師さんがいるから分かります。

 

 

口径の大きいスプリング銃って、めっちゃ良いですよ。

鳥猟だけでなく、猪や鹿などの大物罠猟にも使いたいと思っているなら、間違いなくこれが良いです。

 

 

そのデメリットメリットを簡単に挙げると、

【デメリット】

・射撃時に他の空気銃よりも大きい振動がある

・その振動を抑える構造上、他の空気銃よりも重い

・振動に耐えられる「堅牢なマウントリング」と「実銃対応したスコープ」が必要

・ハイパワーな銃はコッキングが大変

・銃身が動くため多少スコープの精度がズレる・・らしい(詳細は不明)

・大口径(6.35mm以上)になると撃てる射撃場が限られる

・ハイパワーなスプリング銃は、スプリング部分が故障しやすい

・ガススプリング式の銃は、単純なスプリング式よりもパワーがある一方、故障しやすい

【メリット】

・構造がシンプルで壊れにくく、壊れたとしても修理が難しくない(エアガンと同じ構造)

・1回のコッキングで撃てる

・毎回同じパワー、プレチャージのように残圧によってパワーが変動しない(スプリングのヘタリで変化はあるかも?)

・弾道もほとんど変化しないため、弾道計算が簡単

・ハイパワーなものは単発式プレチャージと同等のパワーを誇る

・大口径のものは飛距離も長い(弾が重くなるため)

・銃身を折ってコッキングするため銃身が頑丈、猟場で少しくらいぶつけても精度に影響無し

・頑丈すぎて30年以上前の銃が普通に使えたりする

・人気が無いため(?)新品でも安い

という感じ。

 

 

正直、上記のスプリング銃を使ってる人の猟を間近で見てると、一番のデメリットは『射撃場が限られること』でしょうか。

これが一番大変で、1日かけて他県までスコープ調整に行ってたようです。

 

 

ただ、他のデメリットについては・・あってないようなものかと。

 

振動云々言われますけど『慣れれば大丈夫』らしいですし、プレチャージだって「初心者なら射撃精度に影響が出る」くらいの振動はあります。

 

重さも軽いトルネードと比べれば2kg近く重くなりますが、僕のレインストームと比べれば1kgも差はありません。

 

実銃対応のスコープも15,000円程度で買えますし、スコープマウントだって高くありません。

 

コッキングも『慣れれば何ともない』とのことですし、銃身が動くから精度が落ちるということも無いようです。

 

スプリングの故障については分かりませんが、銃砲店から『壊れても修理は難しくないよ』と言われたと。

 

 

ぶっちゃけ、

『筋肉』でデメリットのほとんどは解消できそうな気がします。

 

 

 

エースハンターと同じくらいの予算で買えるにも関わらず、

カラダを鍛えて、射撃の練習をするだけでプレチャージ銃と同等の性能を発揮できるなら、

それはとても素晴らしいことだとは思いませんか?

 

 

 

ちなみに、上記の猟師さんの銃は『50年前のクローマグナム6.35mm』です。

 

超年代物ですが、『猪の止め刺しOK』『ゼロイン100m』『ハイパワーで弾が真っ直ぐ飛ぶので50mなどもOK』『スズメも狙える集弾性能』を誇ります。

 

 

それで、価格は2万円

 

 

・・マジですよ?

2万で買ったんだそうです。

 

人気のエースハンターよりも安いですね。

 

 

まあ、そこは少し訳ありだったのですが、似たような値段の中古銃は沢山あると思うんです。

中折れ式は頑丈で、しかも人気がありませんから。

 

 

そういえば、最初アメリカの銃砲店に質問した時もスプリング銃(ダイアナ)を勧められました。

『新品でも安くて、ハイパワーでよく飛んで、慣れればよく当たる』と。

 

結局レインストームを選んだわけですが、

今後、できれば一本欲しい所ですね。

 

上記の猟師さんが引退したら、譲って貰おうと思ってます。

 

 

他のオススメとしては『Benjamin Trail NP XL .25』でしょうか。

ガスピストン式なのでハイパワーで、その上精度などの評価も高い銃です。

 

輸入しても関税はかかりませんし、たぶん新品が5,6万円で手に入りますね。

 

 

 

初めてだからこそ、遠くても狙えるものを

 

以上、これから空気銃猟を始める方に向けてオススメの空気銃3種を紹介しました。

 

僕も猟を始めたばかりなので、昔のことは話に聞くだけなのですが、

最近プレチャージ銃の使用者が増えたせいか、獲物(主に鳥)も昔に比べて警戒する距離が伸びているそうです。

 

具体的には、昔は30〜40mでもそれなりに簡単に近寄れたけど、今は猟期の初めでも40m以内に接近するのは難しくなった、と。

銃の性能が上がった一方で、初心者にとっては難しい状況になっているようです。

 

 

『それでも良いよ』『ベテランの人に忍び方を教えてもらえるから』というのであれば、別に構いません。

 

でも、僕のように「教えてくれる人がいない」「ほぼ単独&独学でやっていく」「けど獲れないのは嫌だ」というのであれば、

出来るだけ有効射程距離の長い銃を選ぶことをオススメします。

 

 

オススメ度的には

1位:ハイパワースプリング

2位:プレチャージ

3位:エースハンター(カスタム)

という感じですね。

 

参考にしてみてください。

 

 

 

追記『遠くから撃つこと』について

 

遠くで撃てば撃つほど、獲物の警戒する距離も伸びます。

でも、あなたが遠くで撃たなくとも、他の高性能な銃を持つ猟師は撃つわけで。

 

そして、銃は撃たなきゃ上手くなりませんし、有効射程が長ければ『撃つ機会』や『撃てる猟場』も増えるでしょう。

 

 

他の猟師さんはどう思うか分かりませんが、僕は

初心者にとっては『撃てる猟場が無い』よりマシだと考えています。

 

なので僕は、これから空気銃を選ぶのであれば、有効射程の長いものを勧めます。

URL :
TRACKBACK URL :

Comments / Trackbacks

  • Comments ( 8 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. ハイパワースプリングってどこで売られてますか?

    • こんにちは。

      「ハイパワーのスプリング銃」のことで良かったでしょうか。

      国内の銃砲店の在庫を探してみるか、個別注文での取り寄せになるかと思います。(人によっては個人輸入してます)
      人気がないため割引は渋いかと思いますが、お近くの銃砲店、またはネット通販に対応している銃砲店に問い合わせてみてください。

      また、単なる「カスタム用のスプリング」であれば、規格に合ったものを国内でも調達可能です。
      ただし、カスタムする場合は「ピストン」「シリンダー」「銃身」の強度と計算した上でカスタムすることになるため、必ず “カスタムが可能な” 銃砲店の方に依頼をお願いしますm(_ _)m

  2. こんにちは、カズです。
    私のお勧めの銃を紹介します。

    1.Kalibrgun Cricket Synthetic .25(6.35mm)
    私の愛機です!
    チェコのキャリバーガン社製で、ブルパップ型、全長84cm
    取り回しが良くて、Max300気圧! 遠距離射撃も出来ます。
    日本の販売価格は453,600円、個人輸入すれば1525ドルです。
    現在のレートは、112円/ドル位ですから、約17万円!

    2.FX Indy .25(6.35mm) 10695クローナ=14.2万円!!
    御存じスウェーデンのFX社製、ブルパップ型、全長94cm.
    一番の特徴はポンプ内蔵で、PCPも併用可。
    追加のポンプもボンベも必要なし。ただし、4Kgと重いのが難点。

    2.FX Wildcat .25(6.35mm) 9795クローナ=13万円!!
    Bobcat MkⅡ (10699クローナ)より安い、全長89cm。

    現地の価格は、日本の1/2から1/3ですので、個人輸入がお勧めですが、
    スウェーデンの販売店は、日本には輸出しません。理由を訊くと
    「日本には独占販売をしている〇✖銃砲があるから、売れない」との
    ことでした。チェコの店は、英語メールに返事無、仕方なくアメリカから
    輸入しました。韓国語が出来れば、釜山の店に行ってみたいですね。
    当地は九州の北部で、東京・大阪より、釜山の方が近いのです!
    60の手習いで、アンニョンハセヨ・・・・、勉強してみましょうか(笑)

    • カズさん、銃のオススメもありがとうございます^^

      クリケットは問い合わせの多い銃の1つですね。
      FXボブキャットmk2と同じくらい問い合わせが来ます。

      FXのIndyは初めて聞きました。
      能力的には平均的なPCPと同様ですが、可変チークパッドとマガジンホルダーが付いていたりと、見た目と合わせて需要がありそうな気もします。

      そして、Wildcat。
      ボブキャットの問い合わせばかりで僕も詳しくは知りませんが、良いと聞きます。

      でも正直なところ、見た目以外の違いがよく分かっていません(笑)
      6.35mm〜であれば銃全長が日本に適合してるので、ロングバレルが必要なボブキャットよりも安く買える気はしますね。

  3. こんにちは、カズです。

    もう一つ、お勧めの銃があります。
    オーストリアのSTEYR SPORT 社の名機
    STEYR Hunting 5 Automatic
    実際は。Semiautoです。実際の画像は、
    ドイツ語版
    https://www.youtube.com/watch?v=4HffuKPDLdU

    英語版
    https://www.youtube.com/watch?v=aNVaNT5UOnA

    これを見ると、欲しい!買いたい!と物欲が刺激されるので
    出来るだけ見ないようにしています(笑)。

    • ありがとうございます!

      これ、1発ごとにコッキングが必要ないんですね。
      あまりの連射速度に笑ってしまいました(笑)

      あとは精度がよければ完璧ですが、そこらへんはどうなんでしょうね。

  4. Youtubeの動画を見ると申し分のない精度ですね。薬莢に命中!!
    セミオートでのクレー射撃も見事ですが、宣伝ですから話半分?!
    ただ、STEYR SPORT は、競技銃のメーカーで、エアピストルは
    オリンピックでメダルをとっています。日本のエアライフル競技会で
    成績が思わしくなかった方が、悔しくて、銀座銃砲に依頼して
    STEYR を輸入したそうです(銀座銃砲が輸入代理店)。
    その後の結果は??  訊いていません(笑)。

    イギリス&ヨーロッパの銃はアメリカ製の約2倍の値段ですね。
    それでも、個人輸入すれば、日本の価格の1/2~1/3です!!

    • 同じメーカーでも銃のモデルによって精度は変わりますし、実際に使ってみないとなんとも言えない感じでしょうか。

      ただ、精度が本当によければ国内でも人気が出そうですね。
      なかなか見かけない銃なので、他との差別化もできますし。

      価格は・・やはりヨーロッパ方面の銃は高いですね。
      ロシアは別ですが、輸入が面倒ですし・・個人的にはアメリカで手に入るモデルがメンテ含めて一番楽です(笑)

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Return Top