ネットで稼ぎ、野菜を育て、魚を釣って、肉を狩る。「健康な心身」と「家族との時間」を手に入れるため、選んだのは半自給自足の道だった。
Read Article

【トシ流】人生を変え、自分らしく生きるために必要な2つの宝物

【トシ流】人生を変え、自分らしく生きるために必要な2つの宝物

『人生を変えたい』

『自分らしい生き方がしたい』

『死ぬ時に後悔しない生き方を選びたい』

 

その願いを実現するには、2つ大切なことがあります。

 

 

それは、

 

『あなただけの人生の目標』を持つこと

と、

 

人に何を言われてもブレることのない自分だけの判断基準『自分軸』を持つこと

です。

 

今回は、この2つ

『あなただけの人生の目標』と『自分軸』の見つけ方について、お届けします。

 

 

誰かに作られた目標を目指しても、あなたが本当に望む生き方には繋がらない

 

『人生を変えたい』

『自分らしい生き方がしたい』

『死ぬ時に後悔しない生き方を選びたい』

 

じつは、こう願う人のほとんどは、

自分から思い立って、そう願うようになったワケではありません。

 

 

たいていは、

 

・人生を変えてきた人

・自分らしく生きてる人

・いつ死んでも後悔しない生き方をしてる人

 

そんな人と出会い、彼らと話すことで

『自分もそう生きたい、そうありたい』と願うようになります。

 

 

ですが、これが意外とトラップで、

 

 

あなたが思い描く夢は

確かに「あなたの夢」なのですが

 

 

じつは、他人に憧れて思い描いた夢は

“思い描いた時点” では、100%純粋な「あなたの夢」では無いんです。

 

半分以上が「その影響を与えた人の夢」なんですね。

 

 

 

分かりやすく、例を挙げてみましょう。

 

たとえば、次のような人がいたとします。

・25歳の会社員、N君

・職業はSEで、毎朝満員の通勤電車で会社へ向かい、朝9時〜夜21時は仕事をしてる

・たまに徹夜もあり、土日出社も月に1回ほど

・週末は基本的に家で寝て過ごす

・毎日、家と会社の往復で、それ以外では飲み屋に行く程度

・趣味は「旅」だったけど、行くためのお金も時間もないから、興味が無くなってきた

 

 

 

このN君が、あるとき

・ネットで稼ぐ会社のオーナー

・1年中、夏を追いかけて世界を周り、サーフィンやダイビングをして遊んでる

というYさんと知り合いました。

 

 

そしてYさんより、

『大変だろうけど、まあ同じような生き方は可能だよ』

『最初は◯◯から始めるといいかな』

と希望を貰い、

 

「おおお!やってやる!!」

「Yさんみたいに、ダハブでダイビング、ハワイでサーフィンやるのが俺の夢!」

と夢を持ったとしましょう。

 

 

でも、

 

 

N君は夢半ばに諦めてしまいました。

 

 

 

なぜだか、分かるでしょうか?

 

 

 

何か大きな目標を達成するとき、

その目標を叶えた先の「夢」を持つことは大切なことです。

 

「明確な夢」は、ココロと繋がっており

くじけそうになった時に、背中を押してくれますから。

 

 

でも、

 

それは『あなたの本心から生み出された夢』である必要があります。

 

 

なぜなら、

 

あなたの本心から生み出された夢でなければ

ココロの形と夢の形が一致せず、くじけそうな時に背中を押してくれないからです。

イメージ

 

 

 

上の例を元にすると、

N君が元々好きだったのは、「旅」です。

 

ダイビングや、サーフィンではないんです。

 

 

でも、Yさんに憧れて

ダイビングやサーフィンを「夢」として描いてしまった。

 

 

確かに、ダイビングやサーフィンにも「旅」の要素は含まれます。

 

でも、N君が本心から願う「旅」ではない。

旅はサブで、メインはダイビングやサーフィンです。

 

 

この例では、

 

本心から望む「旅」ではなく、

サーフィンやダイビングを夢として設定してしまったために、

 

くじけそうになった時、

夢がN君の背中を押してくれませんでした。

 

 

 

これは単なる例でしたが、

僕は今まで、同じような人を沢山みてきました。

 

というか、

僕自身もそうでした。

 

 

 

誰かに作られた目標を目指しても、

あなたが本当に望む生き方には繋がらない。

 

 

誰かの夢を参考にしても良いから、

あなたがココロから願う『あなただけの夢』を見つけましょう。

 

何か叶えたい生き方があるのであれば、

まずはこれを覚えておいて下さい。

 

 

 

どんなに努力しても、それを楽しんでる人には敵わない

 

また、僕は今まで6つ以上の事業に手を出してきました。

 

その結果、最初4つは全く結果が出ず、諦めています。

 

 

僕は4つ目を辞める時、本気で考えました。

 

「なぜ、上手くいかないんだろう?」「上手くいってる人との違いはなんだろう?」と。

 

 

そして偶然、

本当に偶然、閃いたんです。

 

 

上手くいってる人は、

本当にそれをココロからやりたいと思ってやっている

 

僕が上手くいかないのは、

彼らのように「本当にやりたい」と思っていないからじゃないか?

 

ココロの奥底からやりたいと思っていないのに

上手くいくはずがない!

 

と。

 

 

僕はこれに気付いた時

全身に電流のようなものが走りました。

 

(これだー!!これが原因だ!!!)

という感じに。

 

 

それと同時に、昔どこかで読んだこんなメッセージを思い出してました。

 

どんなに努力しても、それを楽しんでる人には敵わない

 

 

僕は、これが真理だと思うんです。

 

僕がそれまで上手くいかなかったのは、

・本当にやりたいと思っていなかったから

・楽しめていなかったから

だったんですね。

 

 

そして、僕はその時初めて、

 

僕が本当にやりたいことって何だろう?

僕が本当に楽しいと感じることって何だろう?

 

と考えることにしました。

 

 

4回も失敗して、やっと!?

遅いよ!!

 

と言われそうですが、

僕はそれまで、考えるということに至らなかったんですね。

 

 

たぶん・・・

それまでは、本心からの「人生を変えたい!」じゃなかったんだと思います。

 

ココロのどこかで「なんとかなるさ」と思っていましたし。

(今もそういう考えてる部分がありますが)

 

 

 

?道を切り拓きたければ、自分の軸を見つけよう

 

人は、『誰かにやらされてる状況』『自分のココロに嘘をついてる状況』では

その人の持つ力の半分も発揮することが出来ません。

 

 

本人が、ココロの奥底から『やりたい!』と思い、

その過程が『楽しい!』と思える活動を通して、

 

初めて、

 

「人生を変える」や「自分らしい生き方」というものが見えてくるんです。

 

 

 

つまり、

 

『人生を変えたい』

『自分らしい生き方がしたい』

『死ぬ時に後悔しない生き方を選びたい』

 

と願うのであれば

 

その『方法』を探すより前に、

『自分がやりたいこと』『自分が楽しいと感じること』を知っておきましょう。

 

 

これが全ての判断基準となる、

自分の軸です。

 

 

そこが分からず、『方法』を探して試したところで、

迷ってばかり。

 

仮に「これかな?」というものと出会い、やってみたところで、

結果は出てきませんし、続きません。

 

 

なぜなら、

軸がない人の提供するものは、つまらないからです。

 

 

例を挙げると、

ただ「稼ぎたいから」という理由でコーヒーを売ってる人と、「それが好きだから!」という気持ちでコーヒーを売ってる人

 

あなたはどちらのコーヒーが飲みたいですか?

 

 

僕は後者です。

 

ほとんどの人は、後者を選ぶんじゃないでしょうか。

 

 

想いは、発信する情報や作り出す価値に、自然と表れます。

 

そして、その想いとは、その人の軸から作られるものなんです。

 

 

ぜひ、見栄や名誉から作られた判断基準ではなく、

あなたのココロから作られた判断基準を見つけて下さい。

 

 

 

本当にココロから望む、夢や目標の見つけ方

 

ここまで長くなりましたが、その方法は簡単です。

 

1.『50億あったら何がしたい?』の答えを紙に書きましょう

 

例えば、

・世界一周する
・日本中の温泉をバイクで回りながら、日本一周する
・東南アジア、ヨーロッパ、日本、アメリカで彼女を作る
・六本木ヒルズに住む
・親を旅行に招待する
・ポルシェを買う

など・・思いつくまま、書き出してみて下さい。

 

 

これは、今の現状を縛っている『お金』という鎖を外して考えます。

それによって、今抱えている『欲』を洗い出すんですね。

 

 

ただ、これは一種の妄想で、単なる『欲』にすぎません。

 

人が「贅沢したい」「楽したい」という煩悩です。

煩悩にはキリが無いため、もしこれを満たすことができたとしても、満足できず、次の欲を求めてしまいます。

 

 

なので、今の時点で次の段階を考えます。

2.今の時点で先ほどの『欲』が満たされたら『次は何をしたいか?』を紙に書く

 

ここで出てくる答えこそ、

『あなたがココロから夢や目標』になります。

 

自分が満たされた前提で、考えてみて下さい。

 

例えば、

・誰でも英語を学べる塾を作る
・途上国に学校を立てる
・福島県の復興活動をする
・募金を集める団体を作る
・同じようなコミュ障を救うための活動をする
・子育てで悩む人を支援する団体を作る

などでしょうか。

 

先ほどとは、違う答えが出てくると思います。

それを満たすことで得られるものも、全く違うものでしょう。

 

 

本当の『夢』とは、”欲”を満たすものではなく、

“ココロ”を満たすものを指します。

 

ぜひ、やってみて下さい。

『あなたが本当に望む夢や目標』が、きっと見つかります。

 

 

 

自分軸の見つけ方

 

『あなたが本当に望む夢や目標』がみつかれば、自分軸を見つけるのも簡単です。

 

Q.なぜ、それをやりたいのか?
Q.それはいつから?
Q.何がきっかけ?
Q.それをやるのが”他の誰か”じゃなく、”自分”である理由はなにか?

 

これらを考えてみて下さい。

 

夢や目標が明確になっていれば、答えは簡単に出てきます。

 

 

そして、ここで出てくる答えこそが、

 

『あなたの軸』になるものですし

『周りと決定的に差別化できるポイント』にもなります。

 

 

 

僕は、この2つをやった結果、

 

今は本当に自分らしい生き方が出来ていますし、

後悔しない生き方を選べています。

 

 

「やれば、人生かわります」

といっても過言ではありません。

 

 

紙に書くのは面倒かもしれませんが、

自分を客観的に把握できますので、ぜひ、2つ合わせてやってみてください。

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top