ネットで稼ぎ、野菜を育て、魚を釣って、肉を狩る。「健康な心身」と「家族との時間」を手に入れるため、選んだのは半自給自足の道だった。
Read Article

悪口を治したい人へ。言葉の力と脳の仕組み、悪口でバチが当たる理由を解説する

悪口を治したい人へ。言葉の力と脳の仕組み、悪口でバチが当たる理由を解説する

『本当は相手を認めてるし、悪く言いたいわけじゃない』

『でも、つい悪口が出てしまう』

 

今回は、そんな?”つい悪口が出てしまう人” に向けて

言葉の力と、脳の仕組み、人を悪く言うとバチが当たる理由、これから変えていく方法について書きました。

 

これを読んだら、

つい出てしまう悪口も、飲み込めるようになるかもしれません。

 

 

言葉の力は、使い方次第で「良く」も「悪く」もなる

 

普段、私たちが当たり前のように口にする、

「言葉」。

 

 

日本での「言霊(ことだま)」や、

海外での「アファメーション」などがあるように、

 

言葉には、

人のココロとカラダに影響を与え、現実を変えていく力があります。

 

 

一般的に、

これら「言霊」や「アファメーション」は、スピリチュアル的な捉え方をされますが、

 

じつは、脳科学的にも、

“言葉が人に影響を及ぼす” ということが分かって来てるんですね。

 

 

その中で言われていることの 1 つが、

 

『人の悪口を言うと、自分自身が傷つく』

 

というもの。

 

 

 

人の脳のしくみ

 

人の脳って面白いんですよ。

 

 

じつは、

主語を認識しないんです。

 

・・と言われても、よく分からないですよね。

を挙げます。

 

 

例えば、あなたが、

買ったばかりの流行物の服を着てきた女性に向かって

 

「それ、かわいいねー!」

 

と言ったとします。

 

 

すると、“言われた女性”?は、

 

『”かわいい” って言われた』

 

と認識するんですが、

 

じつは、

「かわいい」と言った “あなたの脳” も、

 

『”かわいい” って言われた』

 

と認識するんですね。

 

 

「はあ?」「まさかー」

と思うでしょうが、これが人の脳のしくみだそうです。

※厳密には、脳の感情をつかさどる部分が、主語を感じないそうです

 

 

 

人を悪く言うと、バチが当たる?

 

そして、もちろん、

逆もその通りになります。

 

 

例えばあなたが、

会社の喫煙所などで、同僚と雑談しているとき

 

仕事をミスした人のことを指して

 

アイツ、仕事できないよね」

「本当に役に立たないわー

 

なんて悪く言ったとすると

 

 

それは、自分に向かって、

 

「仕事できない」

「役に立たない」

 

と言ってるようなもの。

 

 

すると、どうなるか?

 

 

決して本心から言ってるわけじゃなく、

ただの雑談のネタとして、口をついて出た言葉だとしても、

 

悪く言われて、嬉しいはずがありません。

 

 

 

心の中はモヤモヤしてるし、

なんだかイライラする

 

「悪口を言ってスッキリ爽快!」

なんてことにもならず、

 

むしろ、気分は良くない・・

 

 

 

そして、そういう心理状態だと

 

仕事やプライベートにおいて、

“普段ならしないようなミス” をしてしまう。

 

 

 

この記事に至ったあなたは、

今までに

 

人を悪く言ってしまった後は、何か良くない事が起こる

もしかして、悪口を言ってしまったバチが当たった・・?

 

なんて感じた事が

あるんじゃないでしょうか。

 

 

それ、別にバチでも何でもないですよ。

 

 

単純に、あなたが悪口を言った事で、

あなたの脳が『悪く言われた・・』と凹んでしまい、

 

ココロが不安定になって

 

その結果、

普段なら避けられるミスをした

 

という話に過ぎません。

 

 

 

『人の悪口を言うと、自分自身が傷つく』

 

というのは、こういうことなんですね。

 

(まあ、オカルト的な意味での「バチがあたる」というのもゼロではないんですが・・)

(今回のテーマとはズレますし、公にするような話でもないので省きます)

 

 

 

人は意識するようになっていく

 

人は、良くも悪くも、

意識してる方向に変化していきます。

 

 

良いものに意識が向いていれば、『良く』なっていきますし、

悪いものに意識が向いていれば、『悪く』なっていくんですね。

 

 

そして、言葉というのは、

この “意識” に働きかける『ツール』です。

 

 

 

「言葉」が『意識』を作り、「意識」が『人格』を作る

 

例えば、

あなたが「こんな人になりたいな」という人を 1 人、思い浮かべてみて下さい。

 

 

その人は普段、どんな言葉を使うでしょうか?

 

 

他の人より、

人や物を褒めたり、前向きな言葉を使ったり、良い結果を意識した言葉を使いませんか?

 

 

少なくとも、

悪い言葉は、あまり使わないと思うんです。

 

 

 

じつは、その人は

 

「その人だから」

⇒「その言葉(ツール)を使う」

 

のではなく、

 

「その言葉(ツール)を使うから」

⇒「その人のようになってきた」

 

んですね。

 

 

 

だから、もしあなたが、

 

「これから良くなっていきたい」

「その人のようになりたい」

 

と願うのであれば、

言葉の使い方を気をつけてみませんか?

 

 

 

言葉は、あくまで『ツール』。

ただの道具です。

 

意識に働きかける力を持っていますが、

それをコントロールするのも、あなたの意識。

 

 

道具に振り回されてる場合じゃありませんよ?

しっかり、コントロールしていきましょう。

 

 

そうは言っても、つい」という人へ

 

悪いところが目についたら、逆に良いところを探してみて下さい。

 

 

これを実践すると “周りからの目” が変わり、

“目の前の物事の見方”?も変わるので、オススメです。

 

自然と、人や物を悪く言うことも無くなっていきますし、

毎日が楽しくなりますよ。

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top