ネットで稼ぎ、野菜を育て、魚を釣って、肉を狩る。「健康な心身」と「家族との時間」を手に入れるため、選んだのは半自給自足の道だった。
Read Article

【プレチャージ】空気銃猟を始めるまでにかかる費用はいくら?

【プレチャージ】空気銃猟を始めるまでにかかる費用はいくら?

どーも、こんにちは。

空気銃で猟をしているトシです。

 

新たに「銃」による猟を始めるに方が最も悩むこと。

それは『空気銃と散弾銃のどちらを選ぶか?』では無いでしょうか?

 

僕は「装弾ロッカーをマンションに置くのが難しい」ということで空気銃を選んだのですが、

『銃の価格』や『実際に使う時のコストパフォーマンス』で迷っている方も多いかと思います。

 

そこで今回は、1猟期を終えてみて、

空気銃猟を始めるまでにかかった費用をまとめてみました。

 

 

空気銃猟を始めるまでにかかる費用

 

空気銃で猟を始めるまでにかかる費用としては、

主に『猟具にかかる費用』『法的手続きなどにかかる費用』の2つがあります。

 

順番に説明しますね。

 

 

猟具代(銃+弾+ロッカー+スコープ代)

 

まずは猟をする際に必須の「猟具」を揃えるためにかかる費用について。

 

僕の使っている空気銃は「エバ二クスのレインストーム?」です。

 

国内の銃砲店で購入した場合、定価の285,000円から1,2割引きされるため、ハンドポンプ付きで228,000円〜256,000円くらいが実売価格

 

そこにスコープ代やマウントリング代で10,000円〜30,000円ガンロッカー代で15,000円、さらに弾代が4,000円ほど上乗せされるため、

合計で256,000円〜300,000円ほど必要になる計算です。

 

 

僕は銃を個人で輸入したため、もう少し安かったのですが、それでも、

銃(ポンプ,マガジン,送料,関税など込み):140,000円

スコープ+マウントリング:20,000円

マガジン(国内対応品が必要なため):7,000円

弾:4,000円

ガンロッカー:15,000円

 

と、合計190,000円ほどかかりました。

 

 

 

所持申請+免許取得+狩猟登録にかかる費用

 

また、所持申請+免許取得+狩猟登録にかかった費用を計算してみると、以下のようになります。

※石川県の場合

狩猟免許の事前講習のテキスト+問題集代:2,300円

狩猟免許の受験料(一種):5,200円

精神診断書(狩猟免許受験用):2,000円

精神診断書(銃所持申請用):6,700円

猟銃等取扱いの初心者講習代:6,800円

写真代:800円

狩猟保険を含む狩猟登録代:30,000円

合計:54,000円ほど

 

石川県の場合、狩猟免許の事前講習は無料でしたが、

地域によっては有料(6,000円〜10,000円ほど)の場所もあったりします。

 

 

 

合計:空気銃で猟を始めるまでにかかる費用

 

以上より、僕と同じように安価なプレチャージ銃(エバ二クス-レインストーム,コメタ-オリオンなど)を所持するとして、

空気銃で猟を始めるまでにかかる費用は、

 

国内で銃を買う場合:315,000円〜365,000円くらい

個人で銃を輸入する場合:225,000円〜260,000円くらい

となります。

 

 

ただ、

やはり銃本体の金額に左右される部分が大きいので、

 

 

例えば、

中古の安いポンプ式銃(エースハンターなど)を所持するなら・・

 

中古価格が約5万円ほどなので、

おおよそ115,000円〜165,000円くらいで所持できる計算になります。

 

 

しかし、一方で

銃砲店でオススメされる「FXサイクロン」や「FXストリームライン」の新品を所持する場合は・・

 

国内の銃砲店では、銃本体の価格が値引きされて308,000円〜320,000円ほど(以前、僕が提示された金額です)なので、

 

国内で銃を買う場合:395,000円〜455,000円くらい

個人で銃を輸入する場合:305,000円〜355,000円くらい

となりますし、

 

 

上記の「FXサイクロン」の中古を輸入するというのであれば・・

 

レインストームの新品と同じくらいの価格で手に入る(参考)ため、

245,000円くらいかかることになります。

 

 

というわけで、空気銃猟を始めるまでにかかる費用は、

安ければ12万円くらいから、高くても50万円あれば、それなりに好きな銃を選んで始めることができますよ。

 

 

12万といえば、『ロードレーサーの初級モデル』や『スキーのセカンドモデル』くらいの金額。

これなら「費用が気になる」という人でも、十分に手が出るんじゃないでしょうか。

 

これから始めるという人は、参考にしてみてくださいね。

 

 

 

ちなみに、中古のポンプ銃を購入する場合は、使用前にオーバーホール(内部の分解&清掃)をしておくことをオススメします。

その理由については、以下の記事に書いてありますので合わせて読んでみてください。

 

 

 

また、『12万でも高いよ!』という人は、ネットで稼いでみるのもアリです。

一時的な収益ですが、10万くらいなら1ヶ月ほどコツコツやることで稼げますからね。

(ここにリンクは貼りませんが、詳しくは無料のメルマガをどうぞ)

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Return Top