ネットで稼ぎ、野菜を育て、魚を釣って、肉を狩る。「健康な心身」と「家族との時間」を手に入れるため、選んだのは半自給自足の道だった。
Read Article

【空気銃猟】プレチャージ銃の維持&運用にかかる年間費用を計算してみる

【空気銃猟】プレチャージ銃の維持&運用にかかる年間費用を計算してみる

どーも、こんにちは。

空気銃で猟をしているトシです。

 

前回は『空気銃の価格』というテーマで記事を書きました。

今回は『所持してからのコストパフォーマンス』というテーマで書いてみます。

 

1猟期を終えてみて、

空気銃を維持・運用するために掛かった費用をまとめてみました。

 

 

基本、かかるのは「弾代」と「メンテ代」

 

くらいです。

 

その他、狩猟に出るなら

スコープ調整目的の射撃場利用料:1,000円〜5,000円(場所と行く回数による)

狩猟税・狩猟保険を含む狩猟登録代:30,000円

が毎年かかり、

 

3年に1回、所持許可証の更新を受けるために

猟銃等講習会の経験者講習受講料:3,000円(※石川県の場合

がかかる程度です。

 

 

では、肝心の

「弾代」と「メンテ代」がいくらかかるのか?

という話ですが、

 

僕の場合、以下のような感じになりました。

 

 

 

1猟期にかかった弾代

 

僕は1猟期目には「FXプレミアム16グレイン」の弾を1缶購入しました。

1缶送料込み4,500円くらいで、500発入っています。

 

1発あたり9円くらいですね。

 

そして、

射撃場には2回行き、出猟した日は26日でした。

 

結果、残った弾数はおおよそ150発です。

 

 

つまり1猟期中に350発使ったことになるため、

 

1猟期における弾代としては

350発×9円=3,150円掛かったわけですね。

 

 

当然、出猟日数が少なくなれば、

弾代は抑えられることになります。

 

 

また個人的には、一番弾を消費したのは『射撃場でのスコープ調整』だったりもするので、

(1回あたり50発ほど使ってます)

 

「スコープの交換」や「スコープの狂い」などが起きなければ、もう少し安くなるんじゃないかと思います。

 

 

逆に、これが「JSBのイグザクト・ヘビー」や「バラクーダ・マッチ」などとなると、

1発あたりの単価が上がるため、もう少し(+500〜+1,000円ほど)高くなるのでしょうね。

 

 

 

1猟期にかかったプレチャージ銃のメンテ代(輸入したため個人メンテ)

 

そして、「構造が複雑」なんて言われるプレチャージ銃ですが、

僕の場合、銃を個人で輸入した関係で、初期メンテというものをしていません。

 

 

そのせいか、

・空気の充填がうまく出来なかったり

・使い始めて1ヶ月半で空気漏れが起こったり

というトラブルに見舞われました。

 

 

そのため、「Oリング」や「修理用のパーツ」を取り寄せたり、

メンテに必要な「グリス」や「シリコンスプレー」などを購入しています。

 

具体的な金額としては、以下のような感じ。

Oリング:800円

シリコングリス:1,000円

シリコンスプレー:800円

修理パーツ:8,000円

 

 

また、それ以外のメンテ用品として

クリーニングペレット:1,000円

 

を購入しました。

 

 

全部合計すると11,600円です。

 

 

ただ、これらはいずれも1年やそこらで無くなるものではなく、

おそらく4〜6年は保つものばかりなので、

 

仮に4年で按分すると

1年あたり2,900円くらい

 

6年で按分すると

1年あたり1,940円くらいになる計算です。

 

 

正直、自分の銃がハズレだったから、こうなったのか、

それとも国内で買った銃でも同じようになるのか、

 

それは分かりません。

 

 

そのため、このメンテ代が妥当なものなのか

または特殊なものなのかも不明です。

 

 

ただ、いずれにしても高い金額ではないですし、

上記の「修理パーツ」以外は国内で購入した銃にも必要になるものなので、

 

プレチャージ銃を選ぶのであれば、おおよそ似たような金額になると思われます。

 

 

 

また、これは知人の猟師さんから聞いた話ですが、

 

国内の銃砲店で購入した場合は

1年に1回「簡易メンテ:5,000円〜10,000円」

2,3年に1回「オーバーホール:20,000〜30,000円」

という感じでメンテ代がかかるようです。

 

 

輸入した場合は、そもそも銃砲店で面倒をみてもらえませんので

これらメンテ代はかかりません。

 

 

 

プレチャージ銃の運用費&維持費を合計すると

 

以上をおおまかにまとめると、

 

輸入したプレチャージ銃を維持するためには

メンテ代として年平均、約2,000円〜3,000円程度が必要で、

 

国内で購入したプレチャージ銃であれば

メンテ代として年平均、約10,000円〜20,000円程度が必要になってきます。

 

 

また、空気銃で猟に出る場合は

狩猟登録代として約30,000円、射撃場利用料として3,000円ほど、弾代として3,000円ほどかかるため、

 

空気銃での猟に出る費用(運用費)としては

年間36,000円ほどかかる計算になります。

 

 

上記を全て合計すると、

 

プレチャージ銃で猟をする場合、

「輸入した銃」であれば年間35,000円〜40,000円前後、

「国内で購入した銃」であれば年間45,000円〜55,000円前後

の費用がかかるという結果になりました。

 

 

正直、意外とかかりますし、

購入後の維持費は「並行輸入銃」も「正規輸入銃」も大して変わりません。

 

「長く使いたい」のであれば国内で購入がいいでしょうし、

「全て自己責任でOK」ということであれば輸入してみてもいいでしょう。

 

 

あとは『何を優先したいか?』という話になってきますので、

プレチャージ銃の購入を考えている人は、参考にしてみてください。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Return Top