ネットで稼ぎ、野菜を育て、魚を釣って、肉を狩る。「健康な心身」と「家族との時間」を手に入れるため、選んだのは半自給自足の道だった。
Read Article

副業・複業を選ぶときの「3要素」。どのパターンを目指したいのか?

副業・複業を選ぶときの「3要素」。どのパターンを目指したいのか?

どーも、こんにちは。

トシです。

 

さて、前回に引き続き『副業・複業の選び方』について。

今回は稼ぎ方を選ぶときの3要素についてお届けします。

 

自分が”稼ぎ方”に何を求めているのか?を考えるときの参考にどうぞ。

 

 

「金額」と「時間的余裕」と「継続性」

 

副業や転職を考えるとき、ぜひこの3つについて考えてみてください。

「稼ぎ方に何を求めるのか?」は、この3つを考えることで、明確にすることができます。

 

それぞれ、簡単に説明しますね。

 

1.金額

そのままです。

副業・複業による収入が「多い」のか、「少ない」のか。

 

大きく分けて、「お小遣いくらい(それだけでは生活できないくらい)」「それだけで生活できるくらい」「それ以上」の3つがありますが、

個人的には「お小遣いくらい」が『少ない』、「生活できるくらい」「それ以上」は『多い』と考えて良いと思っています。

 

2.時間的余裕

これもそのまま。

その収入を得るために、「忙しくなる」のか、「忙しくならない」のか。

 

3.継続性

これは、副業や複業を始めるとして

「それをいつまで続けられるのか?」という話です。

 

主に、以下の3種類があります。

①【短期型】始めやすく、辞めやすい

自由度が高く、本業に負担をかけないため副業に向いている。

一方、収入を安定させにくく、各種保証なども少ない。

「仕事の期間」が決まっている場合があり、辞めれば収入はゼロになる。

 

②【中期型】多少始めにくく、辞めにくい

収入の保証などがあり、最初からある程度の稼ぎが見込めるけれども、「続けること」が前提。

それなりに安定する一方、拘束時間が多いことがあり、「本業」として活動することが多い。

長く続けられるものの、?と同じく、辞めれば収入はゼロになる。

 

③【長期型】一度始めたら、意識して辞めない限りずっと続く

一度始めてしまうと、自分の意思とは関係なく収入が発生or増加する仕組み。

意識してそれを終わらせない限りは、自動的に収入が入り続ける。

収入を大きくするには時間がかかるが、一方で時間の拘束は少ないことが多い。

「始める」という概念はあるものの、「辞める」という概念があまりない。

 

 

 

2×2×3=12パターン、各組み合わせの実例を紹介

 

『稼ぎ方』を考える上で重要な要素、

「金額」「時間的余裕」「継続性」について紹介しました。

 

 

が、

正直、これだけではイメージが湧きにくいですよね。

 

 

なので、それぞれの組み合わせのパターンに当てはまる『稼ぎ方』の例を紹介してみます。

 

2×2×3の全部で12パターンです。

同じ稼ぎ方でも、複数のパターンに別れることもあります。

 

 

(1)「金額:多い」「時間的余裕:忙しくならない」「継続性:短期型」

イベントやそれに伴う収益、ネット商材のプロモーションローンチ、サイトアフィリ(稼げてる人)、アドセンス(稼げてる人)、話題商品の転売など。

イベントや転売は「運」に左右される部分が多く、「資金」も必要。

ローンチは「売るためのテクニックやスキル」が必要となる。

 

(2)「金額:多い」「時間的余裕:忙しくならない」「継続性:中期型」

大企業の役員、安定した企業の社長、稼げてる外資系保険会社の外交員、サイトアフィリ(稼げてる人)、アドセンス(稼げてる人)、物販(稼げてる人)など。

 

(3)「金額:多い」「時間的余裕:忙しくならない」「継続性:長期型」

不動産や会社のオーナー(大株主)、市場のオーナー、資金のある投資家、外資系保険会社の役員など。

一部の例外を除き、オーナーになるには大量の「資金」が必要。

 

(4)「金額:多い」「時間的余裕:忙しくなる」「継続性:短期型」

繁忙期のバイト(リゾート,祭りの屋台,年賀状配達など)、医者のバイト、一部の契約社員・派遣社員など。

 

(5)「金額:多い」「時間的余裕:忙しくなる」「継続性:中期型」

普通のサラリーマンや、雇われ社長、一部の契約社員・派遣社員、安定した企業でのパートなど。

会社が続く限り、心身が健康である限りは働ける。

 

(6)「金額:多い」「時間的余裕:忙しくなる」「継続性:長期型」

希少な技術を持った職人(デザイナー、プログラマ含む)や、マンパワーで会社を引っ張る社長など。

需要があるため、定年退職後も働ける。というか周りから求められるため、働かざるを得ない。

 

(7)「金額:少ない」「時間的余裕:忙しくならない」「継続性:短期型」

ニート、フリーター、ネットビジネスをしてる人の大半(稼げてない人)など。

 

(8)「金額:少ない」「時間的余裕:忙しくならない」「継続性:中期型」

扶養内におさまる程度のパート、内職など。

 

(9)「金額:少ない」「時間的余裕:忙しくならない」「継続性:長期型」

貯金、国債や株(資金少なめ)など。

いわゆる「オーナー」に当たるが、資金などの規模が小さいため、稼ぎも少ない。

 

(10)「金額:少ない」「時間的余裕:忙しくなる」「継続性:短期型」

働いても賃金が出ないという・・ごく稀にあるブラックバイトなど。

過去に苗場のスキースクールにて経験有り(笑)

 

(11)「金額:少ない」「時間的余裕:忙しくなる」「継続性:中期型」

ごく稀にあるブラック会社の社員や、完全歩合制の営業(ノルマ有り)など。

辞めようにも辞められない仕事なども含む。普通の人には縁のない話。

 

(12)「金額:少ない」「時間的余裕:忙しくなる」「継続性:長期型」

安定して少しの金額が入ってくるにも関わらず、超忙しくなる。

そういう稼ぎ方は聞いたことがないため、不明。

 

 

 

全ての仕事や働き方には「発展性」がある

 

以上、最後の1パターンを除いた、全11パターンの例を紹介しました。

 

なんとなく、進みたい未来へのイメージは掴めたでしょうか?

 

 

ぶっちゃけ、これ以外にも「リスク(収入を得るために賭けるもの「資金」など)」「市場規模」なども考える必要があるのですが、それは目指す方向が決まってからの話。

最初は気にしなくてもOKです。

 

 

 

また、

これを読まれる方の何人かは気づかれるかと思うのですが、

 

 

全ての仕事や働き方には、

ドラクエの「転職システム(いわゆる「ジョブシステム」)」のように『発展性』があります。

 

例えば、最初は(8)の「扶養内でのパート」から始めて → 働き続けることで(5)の「フルタイムパート」や「正社員」になる、という感じですね。

 

 

つまり、最初は「小さな規模」での稼ぎ方であっても、

努力や時間の経過によって「大きな規模」の稼ぎ方に発展させることが可能なんです。

 

 

なので、稼ぎ方や副業を考えるときは、

『今できること』で考えるよりも、まずは『将来的にどうなりたいのか?』で考えると良いですよ。

 

目指す方向が決まっていれば、その手前の「仕事」や「稼ぎ方」を選ぶことで、少しずつ目標に近くことができますから。

 

 

 

道は「未来からの逆算」で選ぶと後悔しない

 

逆に、『今できること』から道を選んでしまうと、

その延長にある未来にしか辿り着けません。

 

なぜなら、

仕事や稼ぎ方を発展させられる方向は決まっているから

 

 

例えば、(3)の「不動産のオーナー」や「投資家」になりたいのに、(5)の「サラリーマン」や、(7)の「ネットビジネス」を始めても、仕方がありません。

 

「サラリーマン」や「ネットビジネス」の仕事をどれだけ頑張ろうが、『不動産』や『株』は手に入らないからです。

 

 

もし「不動産オーナー」や「投資家」になりたいのであれば、規模は小さくても(9)の『不動産』や『株』や『国債』を買うという道を選ぶ必要があるんですね。

 

 

 

「規模」は小さくても、努力と時間によって大きくすることはできます。

 

でも、「方向」が違えば、どれだけ努力し、時間をかけようが、望む未来には至りません。

 

だから、「目指す方向」が大切なのです。

ここを間違えないように、注意してくださいね。

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top