ネットで稼ぎ、野菜を育て、魚を釣って、肉を狩る。「健康な心身」と「家族との時間」を手に入れるため、選んだのは半自給自足の道だった。
Read Article

【空気銃】狩猟用スコープ6,9,12,16,20,24倍における獲物の見え方を紹介する

【空気銃】狩猟用スコープ6,9,12,16,20,24倍における獲物の見え方を紹介する

 

どーも、こんにちは。

空気銃で鳥猟をしているトシです。

 

 

僕は以前、『【空気銃】狩猟用スコープの倍率は何がいい?3倍〜9倍の見え方を紹介する』という記事にて、

 

「来期は60〜70mでも安定して狙えるようになりたい」「だからそのくらい狙えるスコープが欲しい」と書きました。

 

 

 

『欲しいもの』や『叶えたいこと』ってのは、言葉にすると実現しますよね。

 

 

願い通りに『HAWKEの6−24倍対応のスコープ』を手に入れることができました。

 

 

そこで今回は、鴨デコイ、レーザー距離計、自作のスタンドを活用して、

50m,60m,70m,100mにおけるスコープ倍率6倍,9倍,12倍,16倍,20倍,24倍の見え方を紹介してみます。

 

 

6月にしては寒い風が吹き、小雨が降る中、全部撮ってきました。

 

 

機材紹介

 

今回の撮影で使用した機材は、以下の通りです。

 

・スタンド

スコープ:HAWKE vantage 6-24×50

・スコープ固定用のレール

・鴨+キジバトのデコイ

・レーザー距離計

・iPhone5S

マガモのデコイが「雑コラ」っぽいですが実写です

 

『スタンド』は、狩猟にも使用している自作のトライポッド。

(前猟期はあまり使いませんでしたが・・)

 

カメラの三脚についてた「雲台」にアルミ角材をネジ止めする形で作っています。

カメラ用の雲台は別で購入したため、「カメラ」と「狩猟」で使い分けが可能。

 

 

その上の木材は、『スコープを固定するためのレール』です。

撮影目的で実銃を持ち出すわけには行きませんし、たとえ “おもちゃ” であってもエアガンを持っていくわけにも行きません。。

 

というか、そもそもエアガンのレールサイズが合わないし・・

 

なので、実家に転がってた木材+300円くらいのパーツで撮影用のレールを自作しました。

 

 

また、この記事は前から「ぜひ書きたい!」と思っていたため、

前回のように「後からカルガモの画像を貼り付ける」なんてことはせず、リアルサイズの『鴨とキジバトのデコイ』を用意しました。

 

全長:約38cm

全高:約16cm

キジバト、全長約28cm

 

 

スコープは弾道計算ソフト『ChairGun』で有名なHAWKEのバンデージ。

カタログには載ってないモデルなのですが、評価が高かったため購入しました。

フロントフォーカスが多少気になりますが、とても見やすいスコープです。

 

 

カメラはiPhone5S

一眼レフも検討しましたが、ブレすぎて無理でした。

 

 

 

まずは裸眼で見た50m

 

今回も、まずは裸眼で見たときの50m先の獲物を確認。

天候は曇りで、冬の猟期中と同じくらいの明るさです。

 

 

裸眼で見ると全く分かりませんが、ちゃんと50m先に置いてあります。

Nikonのレーザー距離計で測りました。

 

 

しかし、野生動物のカモフラ率は高いですね。

事情を知らない人が50m先から見ても、たぶん気づかないんじゃないでしょうか。

 

実際、散歩してる人も5mくらいまで近寄って初めて『あっ!』みたいな顔してましたし。

 

 

 

さて、本題。

 

この50m先のマガモをスコープで見たらどう見えるのか?

6〜24倍の見え方を紹介していきます。

 

 

 

1.距離:50m、マガモ:横向き、6,8,10,12,14,16,18,20,24倍(メモリごと)

 

6倍

 

8倍

 

10倍

 

12倍

 

14倍

 

16倍

 

18倍

 

20倍

 

24倍

 

 

この日は強い風が吹いていたのもあり、画像は多少ブレ気味です。

また、カメラのピントが『カモ』ではなく、『手前のアブラナ』に合ってしまっており、余計にピンボケ気味となっています・・orz

 

帰って気づいたときの脱力感ときたら・・

 

 

ただ、覗いて気づいたこともあるのですが、

『伏射』や『依託射撃』を前提とするのであれば、スコープ倍率は16倍がいいですね!

 

さらに高倍率になるとブレが大きくなるため、頰付け位置がシビアになるのですが、

16倍はそういうこともなく、本当に見やすくて良かったです。

 

 

次の狩猟は、16倍固定にしようかな?

 

 

とりあえず、他のシチュエーションも確認してみましょう。

 

 

 

2.距離:50m、マガモ:向き、9,12,16,20,24倍

 

次は、距離は変えずに向きを変えてみました。

これ以降の倍率は、よくある『9,12,16,20,24倍』です。

 

9倍

 

12倍

 

16倍

 

20倍

 

24倍

 

前回は9倍でやってましたが、こう見ると遠いですね。

ただ、「急所ピンポイント」もギリギリ狙えそうな感じ。

 

12倍あると安心ですが、9倍でもなんとかなりそうです。

 

 

 

では次は、少し小さい『キジバト』で見てみましょう。

 

 

 

3.距離:50m、キジバト:若干横向き、9,12,16,20,24倍

 

9倍

 

12倍

 

16倍

 

20倍

 

24倍

 

この時期は “田んぼ” や “畑” でよく見かけるキジバトですが、冬の猟期中は姿が見えません。

(どこにいるんだろう・・)

 

なので前の猟期は狙うこともなかったのですが、、

 

 

こう見ると小さいですね。。

 

9倍で狙ってると目が疲れます(笑)

 

 

「落ち着いて狙いたい」という意味でも、12倍以上の倍率が欲しいのが正直なところ。

 

 

 

4.距離:60m、マガモ:横向き、9,12,16,20,24倍

 

あとは、獲物までの距離による見え方を見てみましょう。

最初と同じくマガモを使い、距離だけ変えてみました。

 

まずは60mから。

 

9倍

 

12倍

 

16倍

 

20倍

 

24倍

 

「急所を狙える」のは12倍からでしょうか。

9倍でも集中すれば狙えるのでしょうが、やっぱり1発撃つだけで疲れそう。。

 

 

 

5.距離:70m、マガモ:横向き、9,12,16,20,24倍

 

次は70mです。

 

9倍

 

12倍

 

16倍

 

20倍

 

24倍

 

さすがに70m離れると遠いですね。

これを9倍で獲ってる人もいますが、安定して狙うのはキツそうです。

 

 

 

6.距離:100m、マガモ:横向き、12,16,20,24倍

 

最後に、100m離れたところから狙った場合。

 

このくらい離れると、もう肉眼では見えません。

川の真ん中に浮いていれば気づくでしょうが、草などに隠れていると全く分かりませんね。

 

「9倍スコープで100mを狙う人はいないだろう」という勝手な理由により、12倍〜です。

 

12倍

 

16倍

 

20倍

 

24倍

 

んー、16倍ですら遠い・・。

 

 

ハイパワーなエアライフルならゼロイン100mも可能なのでしょうが、

僕のレインストームでは70mが限界です。

 

なので「100m離れたところから狙おう」なんてことは全く考えないのですが、

 

 

もしあなたが、『100mからも狙う』というのであれば、

最低16倍、できれば20〜24倍以上のスコープが必要そうですね。

 

 

 

おわりに

 

以上、50m,60m,70m,100mにおける、スコープ倍率6倍,9倍,12倍,16倍,20倍,24倍の見え方の紹介でした。

 

ハイパワーなエアライフルに合うスコープを検討している方は、参考にしてみてください。

 

 

 

しかし、、こうして実際に覗いてみると、色々分かりますね〜。

 

 

前回の記事を書いたときは「9倍は物足りないこともあるけれど必要十分」と考えていましたが、

こうやって覗いてみると「快適に猟をしたいのであれば、最低12倍はあった方が良さそう」だと感じました。

 

 

ぶっちゃけ、9倍だと見えにくいことも多かったですし(獲物がドットで隠れたり)、

ハイパワーのプレチャージを所持する人であれば、12倍以上、できれば16倍以上で考えたほうが、あとで買い換えなくて済むと思いますよ。

URL :
TRACKBACK URL :

Comments / Trackbacks

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. こんにちは

    これは解りやすいですね〜
    これなら明るくてレティクルもくっきり見える!
    イルミネーション点灯しなくても問題なさそう。

    素人考えで高倍率神話的なとこがあったのですが、手ぶれの影響が大きくなるとは盲点でした。

    あとデコイって、かなりリアルなんですね(^_^)

    • >>ぐんさん

      「これから始める」という人が知りたい情報だと思ったので撮りました(・∀・)
      実際、分かりやすい画像や動画ってないですよね〜

      手ブレは、「伏射+依託」なら24倍でも大丈夫ですが、集中力は必要ですね。
      また、高倍率になると暗くなるため、対物レンズ直径が大きめ(50mm以上)のスコープがオススメです。

      対物レンズ径が40mm以下なら、12倍くらいが限界かと。
      40mmで16倍になると暗くて見辛い気がします。

      スコープのチューブ径が太いものであれば明るくなりますが、、狩猟用ではなかなか見かけませんね〜

      >デコイ
      思った以上にリアルでした(笑)
      これとカモ笛を合わせて使ってみたい感じですww

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Return Top