ネットで稼ぎ、野菜を育て、魚を釣って、肉を狩る。「健康な心身」と「家族との時間」を手に入れるため、選んだのは半自給自足の道だった。
Read Article

簡単&効果あり アドセンスのCPCを上げるには?

簡単&効果あり アドセンスのCPCを上げるには?

『せっかくサイトを運営させるなら、ちゃんと収益をあげていきたい』

『しかし、CTRやCPC、RPMの関係がよく分からない

 

そういう人も多いのでは無いでしょうか?

そこで今回は、私が実践して効果のあったCPC(クリック単価)を上げる方法について、紹介します。

自サイトにて、色々な分析を重ねた結果です。

 

 

CTR・CPC・RPMの関係とは?

 

まず、簡単に上記3つのキーワードについて理解しておきましょう。

それぞれの意味は次のとおりです。

 

?CTR

サイトの広告表示回数に対するクリックされる割合

1.00%であれば、表示された広告が 100 につき 1 回クリックされることになります。

 

?CPC

広告 1 クリックあたりの平均単価

「Adsenseでは平均が30円」なんて言われてますが、サイトや記事(さらに言えば広告主の都合)によってまちまちなので、

ネット上の知らない人が言う「平均」なんてアテになりません。

 

?RPM

アドセンスのインプレッション収益のこと。

つまり、「表示回数 1000 回あたりの見積もり収益額」です。

CTRとCPCが高くなれば、自然とRPMの数値も上がります。

 

 

大切なのは、PVよりもCPC?

 

『サイトやブログを運営し、アドセンスで稼ぎたい』

 

そう考える人がまず最初にやることは、安定したPVの確保です。

そのためには、“一定以上の記事数”“SEOに対応したキーワードの選定”“他記事リンクの設置” などが有効ですね。

 

ただ、ある程度PV数が安定し、次に収益の安定化を考える場合、

PVよりもCPC(クリック単価)の方が重要になってきます

 

というのも、

PVが数千・数万という単位なのに比べ、CPCは数十円という単位で、変動の割合が大きいから

 

 

分かりやすく言うと、

「収益を上げる」という観点で見た場合、CPCを20円から30円に上げることは、1日のPVを10,000PVから15,000PVに増やすのと(ほぼ)同じことで、

安定してきたPVを増やすより、伸びしろのあるCPCを上げる方が簡単だからです。

 

1日のPV数が10,000を超えるようになっているのであれば、CPCを上げる努力をしてみましょう。

(それ以下の人は、記事数を増やすなどによるPV上昇が有効です)

 

 

CPC(クリック単価)を上げるには?

 

僕がいくつか試してみた結果、CPCを上げるのに有効だったのは、

?推奨サイズのバナー広告を載せる

?広告の無駄表示を無くす

の 2 つです。

 

 

推奨サイズのバナー広告を載せる

 

まずは表示させる広告のサイズについて。

AdSense広告を作成する際、広告のサイズを選びますよね。

ここで “推奨” とされるサイズを選びましょう

 

推奨とされるサイズの広告はGoogleのデータ内で「クリック率が高い」広告ということ。

つまり広告主からしてみても見てもらえる率が高いということになります。

 

自然と、広告費の投資額も増えるでしょうし、クリック単価も上がります。

中でも、“300 x 250” と “336 x 280” のレクタングルタイプは、いずれも安定して高い単価ですね。

 

また、大きい広告ほど単価も高くなる傾向があるようなので、“728 x 90” や “300 x 600” のサイズもオススメです。

広いスペースであれば、?“レスポンシブ広告” も有効でした。

 

 

広告の無駄表示を無くす

 

単価の高い広告ユニットが用意できたら、次はこれ。

無駄に表示される広告を減らしましょう

 

たったこれだけで、CPCが最大150%まで増加することが確認できました。

(つまりCPCが1.5倍になります)

 

AdSenseの広告は、クリックされるたびにサイトとGoogleに収益が発生する仕組みですが、

恐らく、“表示されるけれどクリックされない⇒Googleとしても儲からない⇒広告的に価値が低いサイト⇒無駄広告が多い(CTRが低い)サイトはCPCが下がる”という仕組みなのだと思います。

(あくまで予想ですが)

 

 

広告が表示されているのにクリックされない。つまり、広告を出しているのに見てもらえない。

そんなサイトは広告媒体としての価値は低いです。

広告の単価も下がって当然です。

 

それを打開するためには、1 ページあたりの表示広告数を減らしましょう

特に、あえてアクセスのあるページの広告を減らしたときほど、その効果は大きいですよ。

 

ただ、当たり前ですが、

『広告を減らすとクリック数も減るじゃん!』ということになります。

 

確かに少し減ります。

 

だけど、“少しだけ” です。

 

1 ページ内にAdSense広告は 3 つまで表示可能ですが、

僕の場合、そのうちの 1 つを減らすことで、クリック数は平均 5 %ほど減少しました。

 

意外と下がらないんですね。

しかし一方で、クリック単価は 10 ? 20 %ほど増加しました。

 

 

これをどう見るでしょうか?

 

実際は各ページごとにクリック率や表示される広告が違うため、「まとめて広告を削除」というのは危険です。

ですが、「広告は表示すればいい」というものでもないんですね。

 

広告が表示されるタイミングと、訪問者が興味をもつタイミング

アクセス数やクリック数などから、この2つのバランスを探っていくことで、真に価値のあるサイトになるのではないでしょうか。

 

 

以上、まだまだデータの少ない分析ですが、参考にしてみて下さい。

 

 

その他の方法について

 

ちなみに、CPCを上げるには、

・広告主の喜ぶ配置

・単価の高いキーワード選定

・収益の低いカテゴリーの配信ブロック

なども効果があると言われます。

しかし、現時点ではそこまで検証できていません。

(広告主の喜ぶ配置なんて知りませんし、単価の高いキーワードを検索1位に持ってくる労力が・・)

 

 

追記:?広告ブロックについて

 

いくつかのブログで、CPCを上げるためには収益の低いカテゴリーの広告のブロックが有効と書かれていました。

この点について、実際に5つのサイトで試したところ、、

 

なんと、、

 

『CPCが約3割下がった』

という結果になりました。

 

 

これも、あくまで推測なのですが、、

一部の広告がブロックされることで他の広告が表示され、代替広告は興味が無い→結果的に単価が下がったという流れでは無いかと考えています。

 

サイトによっては効果もあるのかも知れません。

ただ、僕が運営しているサイトでは、いずれもCPCの上昇が確認できませんでした。

 

試す場合はご注意を。

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top