ネットで稼ぎ、野菜を育て、魚を釣って、肉を狩る。「健康な心身」と「家族との時間」を手に入れるため、選んだのは半自給自足の道だった。
Read Article

くくり罠の輪の直径、じつは12cmを超えても大丈夫!

くくり罠の輪の直径、じつは12cmを超えても大丈夫!

どーも、こんにちは。

今年が猟師2年目となるトシです。

 

 

じつは最近、『くくり罠』の自作を検討していて、

作るモデルが決まりかけたところで、ちょっと衝撃的な事実を知ってしまいました。

 

 

狩猟免許の講習会などでは教わらなかったのですが、

 

なんと、

くくり罠の直径は、「その一部」が12cmを超えてしまっても問題ないというのです。

 

僕と同じく、これから「くくり罠」を自作する人は、読んでみてください。

 

 

鳥獣法では・・

 

僕らが狩猟免許を取得する際に学んだ、鳥獣法

 

その中には『猟具についての取り決め』も定められており、

 

『輪の直径が十二センチメートルを超えるくくり罠』は「狩猟鳥獣保護の目的(主にツキノワグマを錯誤捕獲しないことが目的)」によって使用が禁止されています。

 

 

 

また、僕にとっての狩猟の参考書、『漫画:山賊ダイアリー』でも「丸いくくり罠」しか出てきませんし、

身近なホームセンターやOSPで市販されてる商品もφ12cmの「真円型」しか見かけません。

 

 

そのため僕は、

「くくり罠の輪の大きさは、直径12cmの真円に収まるサイズで作らなければならない」

と思い込んでいました。

 

 

 

しかし、直径12cm未満のちょうど良い素材が見つからない

 

くくり罠の構造は単純なので、僕は安く手に入る『塩ビパイプ』+『キャップ』を加工して罠を作ろうとしました。

 

先輩たちの貴重な情報も、ネット上に上がっていますしね。

 

 

が、、

 

実際に作ろうと設計図を描いてみたところ、

これらの材料では罠の直径が12cmを超えてしまうことに気づきます。

 

 

仮に作れても石川県では使えませんし、

パイプを1,2サイズ小さいものに変更すると、捕獲率も下がってしまいそうです。

 

 

「どうしよう・・・」

「パイプの一部を削ってみようか・・?」

 

と悩んでいたところ、”ある商品” と “ある記事” を見つけました。

 

 

 

輪の一部が12cmを超える「くくり罠」

 

 

それが、『くくりわな 自動通報システムの概要(一般財団法人「自然環境研究センター」)』

『狩場の馬鹿力-じゅうにせんち-』です。

 

 

まず、自然環境研究センターでは、以下のようなくくり罠を販売しています。

(一般財団法人「自然環境研究センター」より引用)

 

なんともシンプルに作られた罠ですが、

注目すべきは、そのサイズ。

 

『200mm × 100mm × 70mm』

とあります。

 

 

罠の輪の直径は、余裕で12cmを超えることになりますね。

 

 

「え・・これ大丈夫なの??」

「でも、ちゃんとした企業が売ってるものだし・・」

 

と思ったところで次、

『じゅうにせんち』の記事の中に、次のような文章がありました。

現在、くくりわな (このblogでは”足括り罠”、”くくり罠”、”括り罠”等の表記が混在しているが、法令では”くくりわな”が用いられる)の輪の直径は12cm以下と定められている。

これは、「鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律施行規則」の第十条 3の九で、(中略)が「環境大臣が禁止する猟法」に挙げられてことに基づく。

ここでは明記されていないが、一般的には輪の短径が12cm以下であれば良い、と解釈されている。

 

赤字の部分がポイント。

 

『一般的には輪の短径(直径の短い部分)が12cm以下であれば良い、と解釈されている』

 

 

 

これを初めて読んだとき、

頭の中で、歯車が回り始めたような感覚がありました。

 

 

もしこれが本当なら、

罠の自作は思ったより自由度が高い気がします。

 

 

 

心配性なので、ちゃんと県庁にも確認してみた

 

しかし、ビビリな僕は、ちゃんと確認しないと安心できません。

 

 

もし、作って&使った後に

 

『残念、うちの県ではダメなんですよ〜』

なんて言われたら、凹みますからね。

 

 

というわけで、

『石川県生活環境部自然環境課』に電話して確認してみました。

 

 

その結果、、

 

『くくり罠の輪の短径が12cm以下であればOK』とのこと。

 

 

直径の一番短い部分が12cm以下であれば、

その輪の形も問わないそうです。

 

 

 

また、ついでに、

 

「長径の規定は無いようですが・・大きいと人の足がかかったりして危ないんじゃないですか?」

「子供の足がくくられたという話も聞きますし・・」

 

ということについても聞いてみましたが、

 

『輪の直径を規定してる鳥獣保護法においては、輪の直径の制限は “人が罠にかかることの防止” ではなく、“クマなどの大型獣の錯誤捕獲を防止すること” を主な目的としています』

『現在のところ、輪の短径が12cm以下であれば大型獣の錯誤捕獲が起こりにくいとされますので、短径についての制限がある一方、長径についての制限は特に定められていない、と理解してもらえれば良いかと思います』

 

というような回答をもらいました。

(本当はもう少し話してますが、概ねこんな感じでした)

 

 

まあ、当然といえば当然ですが、

人が罠にかかることは想定外なようですね。

 

 

 

くくり罠の形は、「丸」でも「楕円」でも「四角」でもOK

 

以上、僕が最近驚いた、

くくり罠の直径は「その一部」が12cmを超えてしまっても問題ないということについての記事でした。

 

 

これは「くくり罠は絶対に丸じゃないとダメ」だと思っていた僕にとっては、とても嬉しい情報です。

 

今までは「規格外」として外していた材料も、使用を検討することができますから。

 

 

輪の形は「丸」「楕円」「四角」が考えられますが、

素材の強度と相談して、デザインと構造を決めてみたいと思います。

 

また、試作品ができたら記事にしてみますね。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Return Top