ネットで稼ぎ、野菜を育て、魚を釣って、肉を狩る。「健康な心身」と「家族との時間」を手に入れるため、選んだのは半自給自足の道だった。
Read Article

セルスターのドライブレコーダー 社外マイクロSDでエラーが出る場合の対処法

セルスターのドライブレコーダー 社外マイクロSDでエラーが出る場合の対処法

どーも、こんにちは。

トシです。

 

 

最近、セルスターのドライブレコーダーで社外マイクロSDを使ったところ「カメラの異常」のエラーが発生、対処しました。

 

ここに解決方法などを備忘録として残しておきます。

 

 

まず初めに・・お断り

 

僕は普段、最初から解決方法を書くのですが、

今回は「非常用の解決方法」を選ぶことになりましたので、一応順を追って説明しておきます。

 

状況を知らずに最初からこの方法を試して、『ドラレコ本体が壊れた!』となっても嫌ですしね。

 

 

また、ここに書かれている内容は僕が解決できた方法で、これを読まれた全員のドラレコに当てはまるとは限りません。

実施はご自身の責任の元、お願いいたしますm(_ _)m

 

 

 

使ってるドラレコはセルスターの「CSD-500FHR」

 

僕が車の前に使ってるドラレコは、セルスターの「CSD-500FHR」です。

 

このドラレコ、エンジンをかけていない時でも録画が可能な『パーキングモード』があるため選びましたが(駐車場での当て逃げとか嫌だし)、標準で付属していた8GBのマイクロSDカードは、使用開始からおおよそ1年半くらいで録画できなくなってしまいました。

 

 

カードの破損原因は、おそらく夏季の熱や、冬季の冷えだと思われます。

車は基本的に露天駐車ですしね。

 

 

また、故障というのは「突然起こるもの」らしく、

 

前日までは、エンジンをかける→『ティロリロリロリン〜♪』『常時録画を開始します』というメッセージが流れて録画がスタートしていたのに、

 

ある朝、なんの前触れもなく、エンジンをかけた後のメロディが流れなくなりました。

 

 

まあ、それだけだと気づかないのかもしれませんが、

 

『ティロッ・・ティロッ・・ティロッ・・』

と、明らかに壊れたロボットが出しそうな、不安な音を出し続けていたので、気づいた感じです。

 

 

カードを抜いて調べたところ、中のファイルが完全に故障してました。

 

 

 

選んだ社外マイクロSD

 

そこで次は、どうせなら「より大容量」で、「より頑丈」なカードにしようと考え、『耐衝撃/耐低温/耐高温/耐X線対応』と説明にあったAmazon限定の『シリコンパワー microSDHCカード16GB』を選ぶことに。

 

セルスター純正のマイクロSDカードもありましたが、値段が5-6倍ほど高いし、その割に保たなかったので、これで良いかなと。

 

純正カードで1年半しか保たないなら、安いカードで3,4ヶ月持ってくれれば十分ですしね。

 

純正カードの故障に伴って、代替として使ってたメーカー不明の2GBのカードですら半年以上保ってましたし、『耐衝撃/耐低温/耐高温/耐X線対応』とうたってるなら、まあ大丈夫でしょう。

 

 

 

というわけで、早速カードを交換してみました。

 

 

 

ところ、が・・

 

面倒なことにエラーが発生。

 

しかも、”カードのフォーマット” すら受け付けてもらえない『カメラの異常』のエラー。

(緑のランプが4つ点滅してるやつ)

 

 

家の引き出しに転がってたメーカー不明のよく分からないカードは大丈夫なのに、評価のそこそこ高いカードでエラーが出るのはなんでだろう・・。端末とカードの相性が悪いという話??

 

 

 

何度も「自宅パソコン」と「車内」を行き来し、

パソコンでカードを何度もフォーマットしてみましたが、

 

 

やはりダメ。

 

 

「カードが原因なら “マイクロSDカードの異常” だろうに、なんで “カメラの異常” のエラーなんだ・・」

「ドラレコ側でカードをフォーマットしようにも、エラーを吐き出すばかりで受け付けてもらえないし」

「マジでどうしたらいいんだー!?」

 

と、頭を抱えたところでマニュアルで “あるキーワード” を発見。

 

 

 

解決策『強制フォーマット』

 

同じような状況で困っている方は、マニュアルを見て試してみてください。

(と言っても、実施は自己責任で願います)

 

 

セルスターのドラレコには『強制フォーマット』という機能がついています。

 

 

これは通常のフォーマットすら受け付けてもらえない時に使う機能で、CSD-500FHRの場合は「クイックボタンを10秒ほど長押し」することで、強制的にカードのフォーマットが行われます。

 

 

僕の場合、この強制フォーマットを行うことで、カードが正常に認識されて使用できるようになりました。

 

 

現在、約2ヶ月ほど経ちますが、特に異常は出ていません。

 

夏の暑さは耐えられたので、冬の寒さを乗り切ることができれば、あと1年は使えるでしょう。

 

 

もしこれで直らない場合は、、

ドラレコとカードの相性が悪いのかもしれません。。

 

 

 

あって良かった、起動音

 

今回の方法で、なんとかドラレコを通常通り使えるようになりました。

 

 

代替で使ってた2GBのカードでも悪くはなかったのですが、

いかんせん録画データを保管できる日数が少なすぎて・・。

 

2GBだと、丸1日くらいしか、保管しておくことが出来ませんでしたからね。

無事に16GBのカードを使えるようになって、良かったです。

 

 

 

また、今回はドラレコの起動音に助けられました。

 

 

『ドラレコの起動音がうるさい』

なんて意見もありますが、これが無いと故障に気づかなかったかもしれませんし。

 

 

故障に気づかず、事故などのトラブルに巻き込まれて、「録れてなかった」というのは最悪ですし。

 

起動音はあったほうが良いですね〜。

 

 

起動音を消せるドラレコもあると聞きますが、できるだけ消さない方が良いと思いますよ。

 

 

とりあえず、本当に困ってる方は試してみてくださいな。

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top