ネットで稼ぎ、野菜を育て、魚を釣って、肉を狩る。「健康な心身」と「家族との時間」を手に入れるため、選んだのは半自給自足の道だった。
Read Article

空気銃(エアライフル)を輸入してみた。所持までの手順、必要な物、費用について

空気銃(エアライフル)を輸入してみた。所持までの手順、必要な物、費用について

どーも、トシです。

 

猟を始めるにあたって、僕は空気銃(エアライフル)を選びました。

んで、地元の銃砲店で購入しても良かったのですが、せっかくなので海外から輸入してみようかと。

(輸入の経験と、英語の勉強がてら)

 

今回、輸入銃を所持するまでの流れと、許可申請に必要な物かかる費用についてまとめておきます。

輸入したのはエバニクスのレインストーム(プレチャージ)です。

 

 

 

銃の注文〜取得までの全体の流れ

 

1、海外の銃を輸出しているお店に「日本への輸出が可能か?」を確認

まずは注文前に確認しましょう。

国や銃砲店によっては、日本に輸出できないこともあります。

 

 

2、「可能」な場合は、見積りを送ってもらう

スプリング銃やポンプ銃の場合は「銃本体」の見積りでOK。

プレチャージ銃の場合は「銃本体+ポンプ+アダプター」の見積りが必要になります。

※ポンプとアダプターを国内で手に入れる場合は、銃本体のみの見積りでOK

 

 

3、見積りに合意できれば、注文する

メールで注文を出しましょう。

多くの場合、代金の1〜2割をデポジット(先払い金)として払うように求められます。

 

 

4、デポジットを支払う

今回輸入した国はアメリカでしたが、代金の支払いは「paypal」「海外送金」「現金書留(?)」の3つが可能でした。

ただ、「海外送金」と「現金書留(?)」は事前登録などが必要なので、「paypal」を利用するのが楽です。

※paypal利用の際にはクレジットカードが必要

 

 

5、譲渡承諾書と銃のシリアルナンバーを送ってもらい、注文した銃を「確実に」保管してもらうよう依頼する

日本への輸出に慣れている銃砲店であれば、デポジットを支払うと「譲渡承諾書」に必要事項(銃の仕様やシリアルナンバー)を記載して送ってくれます。

シリアルナンバーは書き間違えが恐いので、写真でも送ってもらいましょう。

また、もし日本の譲渡承諾書の書式が分からないようであれば、書類と書き方の説明資料のデータ(PDFなど)を送り、書いてもらいます。

 

そして、ここが大切なのですが

日本への輸出に慣れていないお店の場合、「同じ銃なんだから問題ないだろ」と注文したシリアルナンバーの銃を売りさばいてしまうことがあります。

(店員の多いショップ、沢山の在庫を抱えているショップに多いらしいです)

 

もしそうなった場合、”申請した銃のシリアルナンバー”と”実際に手元に届く銃のシリアルナンバー”が異なるため、当然受け取ることができません。

輸入した銃は廃銃となりますし、もちろん、お金は戻ってきません。

 

そうならないように、「そのシリアルナンバーの銃が必要なので保管をお願いします」と依頼しておきましょう。

 

 

6、ガンロッカーを用意する(装薬銃の場合は弾倉ロッカーも)

銃を保管するためのガンロッカーを用意しましょう。

ヤフオクやAmazonで売っているもので十分ですが、以下の条件を満たしている必要があります。

 

・金属製で、各壁面が1.0mm 以上の厚さを持つもの

・施錠方法は、かんぬき構造などで、扉の上下を箱体に固定し、外せない構造になっていること

・ドアの蝶番がが簡単に壊されたり、外されたりできない構造であること

・ロッカー内部に鎖などで錠を固定できること

・ドアの錠は、鎌錠など外からの力によって簡単に解錠できないものであること。

・かけ忘れ防止装置が付いているもの

・錠は、鍵違い120種類以上有するものであること

 

 

 

7、必要書類を準備し、地元の警察署へ所持許可を申請する

譲渡承諾書に必要事項(氏名や住所など)を書き込み、その他必要な書類をまとめて、警察署(生活安全課など)にて所持許可の申請を行います。

必要な書類は後ほど下で紹介しますね。

地域によっても差があるようなのですが、国内で購入する場合に必要な書類だけでは足りません。

 

 

8、許可が降りるまで待つ

許可が降りるまで待ちましょう。

空気銃は比較的短期間で許可が降りますが、1ヵ月で済む地域があれば、3ヶ月ほどかかる地域もあるようです。

 

許可が降りるまでに、公安にて「申請の合った銃は日本で使用して良い物か?」「申請者は銃を所持しても良い人か?」などの審査があります。

ガンロッカーのチェックや、家族や近所の人、友人などへの聞き込み調査もありますので、事前に「よろしくお願いします」と伝えておくと良いかと思います。

※聞き込み先は”あなたをよく知る人”である必要があるため、こちらで選べます

 

また、日本への輸出に慣れていない銃砲店から購入する場合は、「許可が降りるまで1〜2ヵ月ほどかかります」と伝えておいた方が良いでしょう。トラブルを回避できます。

 

 

9、許可証を受け取り、銃砲店にコピーを送る

許可が下りたら、許可証を受け取りにいきます。

その際は印鑑が必要ですので、忘れずに。

 

受け取った後は、許可証内の写真をとり(スキャンしてもOK)、銃砲店に「許可が下りました、手続きを進めて下さい」というメールとともに写真データを送ります。

※日本に送る際にコピーの添付が必要なため

 

 

10、残高を決済し、現地の書式に合わせた住所を送る

銃砲店より「残額(open balance)の決済をお願いします」と連絡が来るので、決済します。

その後、発送先(あなた)の住所を”現地の書式”で送ってあげましょう

国によっては(少なくともアメリカは)、その書式でないと送れないようです。

 

また、許可証の期限は「発行されてから3ヶ月」ですので、その期間に受け取れるように手続きして下さい。

期限内に受け取れないと、許可証は失効してしまいます。

 

 

11、発送してもらい、日本への到着を待つ

発送してもらい、追跡番号を貰います。

あとは日本の税関に届くのを待ちましょう。

 

 

12、税関から連絡が届いたら手続きする

銃が日本に届くと税関から案内(書留)が届きますので、それに従って通関手続きをとりましょう。

(電話連絡+許可証をもって最寄りの税関に出向くor許可証のコピーを送る)

 

※ちなみに、基本的に銃を輸入する場合は事前に『経済産業省からの輸入承認許可』を手に入れる必要があるのですが、銃の使用目的が「自分で使う」場合に限り、輸入に関する特例措置が適用されるため、承認許可は要りません。

しかし、承認許可が必要かどうかの審査が必要なので、以下の手順で審査を受けて下さい。

 

 

【経済産業省の輸入承認を確認する】

 

詳しくは経産省のページを読んでもらうと早いのですが、

1、照会フォームから輸入した銃+αの情報を登録

2、以下の必要書類をメールで bukishokai@meti.go.jp?宛に送る

  • 照会フォームの入力画面のスクリーンショット
  • 税関から届いたハガキの写し(通知番号、商品名、名あて人、住所、税関名が明記されている部分)
  • 輸入した商品が判るカタログ等の写し(購入元のサイトや国内のカタログなど)
  • 送り状(インボイス)の写し ※貰っている場合のみ
  • 銃の所持許可証(所持している場合)の写し(銃砲店に送ったものでOK)

 

書類を提出すると審査が始まり、後ほど1〜2時間くらいで返信がきます。

「個人特例での通関を了承します」とのことであれば、『担当者の氏名』と『不要になった理由』を税関に伝えることになりますので、しっかり控えておいて下さい。

 

 

13、配達員に関税を支払って受け取る

税関を通ると、郵便局によって自宅まで配達されます。

その際、銃は5.4%の関税がかかりますので、配達員に支払って下さい。

(ちなみに、購入価格全額にかかるのではなく、その6割ほどの”課税価格”に対して関税+消費税がかかることになります)

 

私の場合は、銃、ポンプ、アダプターで6,300円でした。

 

 

14、銃を警察に持っていき、確認してもらう

あとは国内で購入する場合と一緒です。

銃を受け取ってから2週間以内に警察署へ持ち込み、「”申請した銃”と”届いた銃”が一致しているか?」を確認してもらいます。

その際、受け取り日が分かるもの(受領書など)を合わせて持っていきましょう。

 

確認がとれたら、その銃は正真正銘あなたの物です。

 

ちなみに、、上で書いたように、シリアルナンバーが異なる場合は廃銃となってしまいます。

が、長さなどが違う場合は「持ち込みした際に測った値」を正として登録するため、特に問題はありません。

廃銃とはなりませんので、安心して下さい。

 

 

 

 

所持許可申請の際に必要な物(空気銃、エアライフル)

 

申請の際に必要な物ですが、地域や申請を受ける担当者によって変わってくるようです。

が、確実かつ迅速に許可を得るため、以下の書類を用意することを勧めます。

 

 

【通常の申請に必要な物】

・所持許可の申請書

・譲渡承諾書

・精神医による診断書

・経歴書

・同居親族書

・住民票の写し(本籍地記載、同居親族全員分、マイナンバーは不要)

・身分証明書(本籍地の市区町村にて発行)

・写真2枚(縦3cm×横2.4cm)

・講習修了証明書

・狩猟免許(使用目的が「狩猟」の場合)

・住宅内に置ける保管庫の位置の図

・保管庫周辺と、保管庫内の写真

 

【輸入銃の申請に必要になってくるものor提出するといいもの】

・銃砲店からの見積りメール(所持者の氏名、住所、電話番号が分かるもの)を印刷したもの

・購入元の銃砲店のホームページなどを印刷したもの(あれば)

・注文した銃が載っているページを印刷したもの(あれば)

・国内販売されている同じ銃のページを印刷したもの(国内でも流通している銃であれば)

・銃の仕様が分かるカタログ(あれば)

・銃のシリアルナンバーの写真

 

 

 

プレチャージ銃(連射可能タイプ)の場合は、ちょっと注意

 

基本的には、以上の書類があれば審査は通ります。

が、単発ではないプレチャージ銃(2発以上撃てる銃)の場合は、ちょっと注意が必要です。

 

例えば、僕が今回輸入したエバニクスのレインストーム。

これは国内に流通しているモデルだと「5発まで」しか装填できないようになっています。

 

しかし、元々の仕様は10発まで装填が可能なんですね。

 

そのため、海外の弾倉(マガジン)を付けたまま輸入することはできず、国内で日本の仕様に合った弾倉を別で購入する必要があります。

じつは、ここがちょっと問題。

 

 

地域や公安の担当者によって意見が分かれるようなのですが、

「弾倉が国内の規制に対応した物であるという証明が必要」ということで、銃の譲渡承諾書とは別に、弾倉の譲渡承諾書(またはそれに準ずる”弾倉の仕様が分かるもの”)の提出を求められる場合があります。

 

すると国内の銃砲店に発行を依頼することになるのですが、、本来は弾倉を買うのに譲渡承諾書は要りません。

そのため、発行を拒否する銃砲店が多いのです。

(僕もいくつか断られました)

 

 

結局、親切な銃砲店に「販売証明書」を発行してもらうことで乗り切れましたが、なかなか大変でした。

その銃砲店の方の話によると『似たような話はよくある(弾倉だけでなく、スコープや頬当てなど)』との事で、「本来必要ない書類だから要らないはずだ、もう一度確認してください」と担当者に伝えると、すんなり解決することが多いのだとか。

 

プレチャージ銃を輸入される方は、心に留めておいて下さいな。

 

 

ちなみに僕の場合、譲渡承諾書の「弾倉型式及び充てん可能弾数」を空欄で提出しました。

弾倉についての仕様は「販売証明書」で証明する、ということだそうです。

 

先に購入してしまっている場合は、「購入証明書」や「譲渡証明書」などでも良さそうですね。

 

 

 

 

銃の輸入にかかった費用

 

では最後に、輸入にかかる大体の費用を載せておきます。

以下は僕の例です。

 

・銃本体:約750ドル

・ポンプ:約180ドル

・アダプター:10ドル

・送料&手数料:約240ドル(銃だけなら170ドル)

・関税:7,000円弱

・申請料:10,500円

 

 

合計:14万ほど

 

購入元は、アメリカの『AiRGUN EXPORTER』さんになります。

“IN STOCK”から在庫銃を見れますので、興味があれば見てみて下さい。

 

これにスコープやマウントリングなども必要になるので、猟で使えるようになるには、もう2万ほど追加になります。

また、スプリング銃やポンプ銃の場合は、本体代金と送料も安くなりますので、かなりおトク感がありますね。

 

 

 

 

銃を輸入してみて・・

 

以上、輸入銃を所持するまでの流れと、許可申請に必要な物、かかる費用についての紹介でした。

 

最後に、輸入してみて思うことを。

 

 

 

 

スプリング銃やポンプ銃は輸入した方が良いと思うのですが、、、

 

正直、プレチャージ銃を輸入するのは、あまりお勧めしません。

 

 

 

その理由は、

・アダプターを探すのが手間

・ポンプやボンベで送料が高くなるため、コストパフォーマンスがそれほど良くない

・国内ではメンテできず、長く使う場合は不安が残る

が挙げられます。

 

 

 

スプリング銃やポンプ銃は、銃本体だけの輸入で済みます。

ですが、プレチャージ銃はポンプや、銃とポンプに適合したアダプターが必要です。

 

それらを一緒に提案してくれる銃砲店なら楽なのですが、そうでない場合はかなり面倒くさいことに・・。

 

海外のAmazonや銃販売サイトなどを探し、そのレビューを見たり、質問したりして適合するかの確認をとることになります。

(もちろん全て現地の言語)

 

今回は提案してもらいましたが、一応自分でも適合するかの確認をとりました。

 

 

 

また、それらポンプが入ってくると送料や手数料が意外と高く付きます。

思っているほど安くはなりません。

 

 

 

そして一番致命的なのが、最後。

 

輸入した銃は”並行輸入品”となるため、銃砲店で売られている”正規輸入品”とは違い、国内でのメンテ(日々のケア〜修理まで含む)を正規のルートで受けることはできなくなります。

 

個人でメンテをしてくれる店を探す必要がありますし、またメンテを受けてくれる店が見つかったとしても、「パーツは仕入れられない」とか

「割高になる」というのが一般的。

 

「スプリング銃やポンプ銃なら見るよ」という店もあるんですけど・・。

そこらへんに不安が残るのであれば、大人しく国内の銃砲店を通して購入する方が良いでしょうね。

 

 

 

と、まあ

ぶっちゃけた思いも書きましたが、

 

それでも今回の輸入に関しては満足しています。

 

 

良い経験になりましたし、当面の使用には問題は無さそうなので。

「メンテはできないけど、下取りなら良いよ」というショップも見つかりましたしね。

 

 

というわけで、空気銃の輸入を考えている方は参考にしてみて下さい。

 

 

 

 

 

ちなみに、、『AiRGUN EXPORTER』のオーナー(Mr.Vincent)はとても親切で信用できる方でした。

輸入したい方への仲介・お手伝いができますので、僕まで連絡して下さい。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Return Top