ネットで稼ぎ、野菜を育て、魚を釣って、肉を狩る。「健康な心身」と「家族との時間」を手に入れるため、選んだのは半自給自足の道だった。
Read Article

【捉え方を変えてみる】苦手は「得意」で、嫌いは「好き」?

【捉え方を変えてみる】苦手は「得意」で、嫌いは「好き」?

あなたには「苦手なこと」や「嫌いなこと」がありますか?

 

もし、それをどうにかしたいと思っているなら、まずはそれらの捉え方を変えてみましょう。

 

じつは簡単に克服できるかもしれませんよ?

 

 

どーも。

トシです。

 

 

いやー。

メルマガの設定ってなかなか難しいですね。

 

登録したのに、『登録返信がない』って連絡を沢山いただきました。

 

 

原因は・・

単純に返信の設定をしてなかっただけでした。笑

 

すみません。

また、何かおかしいところがあれば教えてください。

 

 

 

しかし、何事も「初めて」ってドキドキ・ワクワクしますよねー。

 

『ドキドキ』や『ワクワク』

 

この感情に敏感になることが、思考の枠を外して、新しい世界への扉の鍵になります。

 

自分の心に正直にありましょうねー!

僕もこれからどうなっていくのか、非常に楽しみです!

 

 

 

さて、今日のテーマ。

苦手は「得意」で、嫌いは「好き」?について。

 

 

『初っ端から何してんの(笑)』って言われそうですが、

長いと分かりにくいので、昼間に書いたものを先ほど全て消しました。

 

もう一度書いて、要点だけを発信します。

ちゃんと価値あるものを発信したいと思うのです。

 

 

それでは、どうぞ。

 

 

苦手は「得意」で、嫌いは「好き」?

 

人は誰でも、苦手としていることや、嫌いなことってありますよね。

 

あなたの場合はなんでしょうか?

 

たとえば僕だと、

『人前で何かをやること』

が苦手ですし、嫌いでした。

 

大学時代のサークルで、メンバーの前で発言や一発芸をする機会があったのですが・・

ホントに嫌で嫌で仕方なかったんです。

 

 

ですが、ある時飲み会で気付きました。

 

僕が苦手で嫌いだったのは、

“改まって”人前で何かをやること」だったんだな、と。

 

 

じつはその飲み会では、

自分から人前でふざけたこと(一発ネタ)をやって、笑いをとってたんですね。

 

それも、とても自然な流れで。

 

 

 

これはどういうことかというと、

【条件】がついたからできたことなんだと思います。

 

 

つまり、

=============

苦手なことや嫌いなことに【条件】をつける(または外す)と、

(今回だと “改めて” や “自然と” という条件)

得意や好きに変わる可能性があるんですね。

=============

 

 

今まであれほど嫌だったのに、むしろ今は、

『人を笑わせること』は苦手で緊張するけど、『人に笑われること』は得意だし好きです(笑)

 

相手が構えてない(想定してない)ところで、ボケるとかね。

相手も予想してないから、ツボにハマった時の反応は面白いですね。

 

上手くやれた時は快感です。笑

 

 

 

苦手なことや嫌いなことというのは、それが関係する全体から目をそむけがちです。

 

たとえば、

『本当は飲み会が好きなのに、周りに笑いを求められる飲み会ばかりで、普通の飲み会の参加にも抵抗がある・・』など。

 

 

これは “笑いを求められる” という条件が嫌いなだけです。

ですが人によっては『飲み会は全て嫌い』という結果に繋がったりします。

 

 

僕も、人前で何かをする機会から逃げ続けていたので、

“こっそり” または “突然” 人前で何かをすることが好きだと気づくまで、時間がかかりました。

 

同じように、

今、苦手としていることや、嫌いなこと。

 

それは視点を変えることで、実は『得意」や『好き』なことに変わるのかもしれません。

 

そしてそれが、あなたの強みになるかもしれない。

 

 

“今”を”過去”の延長ではなく、”未来”の延長とするために。

一度、”過去”の『苦手』や『嫌い』と向き合ってみてはどうでしょうか?

 

 

新しい自分に出会えるかもしれませんよ。

 

 

ということで今日はここまで。

それでは!

 

 

トシ from?UFOの街

面白い世界を願って

 

 

 

 

==編集後記==

今日のテーマは『物事の捉え方を変える』というもの。

決して “苦手” や “嫌い” を消すということではありません。

 

苦手や嫌いという感覚も心のアンテナとして大切ですよー。

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top