ネットで稼ぎ、野菜を育て、魚を釣って、肉を狩る。「健康な心身」と「家族との時間」を手に入れるため、選んだのは半自給自足の道だった。
Read Article

FXボブキャットMk2(マーク2)を個人で輸入するときの注意点

FXボブキャットMk2(マーク2)を個人で輸入するときの注意点

どーも、こんにちは。

トシです。

 

今月はお盆や、妻の実家への帰省や、勉強や、イノシシの解体で、

全くサイトの更新をできてません。

 

 

書きたいネタはたくさん貯まっているのですが、一方で、銃の輸入についての問い合わせも増えて来ました。

 

そこで今後、複数回に渡って、

銃の輸入について頻繁にある「質問」と「回答」をまとめてみます。

 

まず今回は、FXボブキャットMk2(マーク2)を個人で輸入するときの注意点について。

 

 

ハイパワーで、レギュレーター付きで、高精度で、コンパクトで、見た目も良い

 

と、カタログやレビューをみても、良い点しか出てこないようなエアライフル。

それがFXの『ボブキャットMk2』です。

 

とにかく高性能なため、これから空気銃猟を始める年配の方に人気があるそうなのですが、

唯一の欠点は “高価” なこと。

 

国内で購入する場合、「ポンプ付き:45〜47万ほど」「タンク付き:55〜57万前後」となります。

(いずれも割引含む)

 

 

ぶっちゃけ、装薬銃になると、さらに倍の金額の銃もあったりするため

猟師歴の浅い僕には、この価格が “高い” のか、それとも “丁度良い” のかは分かりません。

 

 

とりあえず、良い評価ばかりしか見ないので、

その価格に見合った性能を誇るのでしょう。

 

 

が、個人的な感覚としては、やはり「高い」。

 

 

同じように感じる方は多いようで、

この銃に関する問い合わせが、結構あります。

 

 

 

なにしろ、

 

海外で販売されてる価格は1,700ドル。

円換算で19万円ほどですから。

 

 

「ポンプ(270ドル)」と合わせて購入し、「送料」「関税」を含めても、合計で26万円ほど。

30万円ほど用意しておけば、追加で「ガンロッカー」と「ペレット」と「スコープ」を買っても、おつりがくる計算になります。

 

 

 

ボブキャットMk2を輸入する際に注意すること

 

こと、新しく始める趣味に関しては、『安い』というのは魅力的に映るもの。

 

上記の安さゆえに、見積もりの依頼が頻繁にくるのですが、

銃を輸入する場合は、気を付けないといけないことがあります。

 

 

ボブキャットMk2については、以下の3点に注意してください。

 

1、海外にあるボブキャットMk2の4.5mmと5.5mmは、そのまま日本に輸入できない

 

6.35mmと7.62mmについては問題ないのですが、じつは海外にあるボブキャットMk2の4.5mm(.177cal)と5.5mm(.22cal)は、銃の全長が750mm(75.0cm)しかありません。

 

日本の銃刀法では、「銃の全長が79.9cm以下の空気銃」は保安上の欠格事由にあたり、所持できないとされているため、このままでは所持許可が降りないし、輸入することもできないんです。

 

そのため、もし輸入する場合はシュラウド(サイレンサーではありません)を別途購入&現地で後付けしてもらった上で、日本に送ってもらうことになります。

 

シュラウドの購入&取り付けにかかる費用は、おおよそ110ドル程度。

12,000〜13,000円くらい増額すると、考えておいてください。

 

ただ、メーカーから直接取り寄せることになるため、入手するまで、運が良ければ1週間、悪ければ2,3ヶ月かかることになります。

次の猟期に間に合わせたいのであれば、手配は5月には終わらせておきたいところですね。

 

 

2、決済は基本的にPayPal経由となるため、プレミアムアカウント(無料)が必要

 

この銃だけに限らない話なのですが、高額な(価格が10万を超えるような)銃を輸入する場合、PayPalのプレミアムアカウントの用意が必要となります。

 

というのも、海外への支払いの方法は主に2つあり、「海外送金」か「PayPal決済」のいずれかとなります。

 

このうち、「海外送金」は口座開設〜決済まで時間がかかる上に、手数料も安くありません。

 

そのため、時間も手数料もかからない「PayPal決済」がオススメなのですが、10万円以上の支払いとなる場合は “プレミアムアカウント” か “ビジネスアカウント” の用意が必要になってくるんです。

 

どちらも無料で取得できるアカウントですが、そのためには個人の証明書などを撮影→ウェブ審査が必須。

多少面倒なので、輸入を検討している方は事前に作っておくと良いですよ。

 

 

3、ブルパップの銃は、所持許可が降りるまで面倒・・な場合がある

 

このボブキャットMk2のように、『グリップと引き金より “後方” に弾倉や機関部が配置されている銃』をブルパップ銃と言います。

 

ブルパップ銃は威力や命中精度に関わる「銃身」を長く取りつつ、かつコンパクトにまとまっているのが特徴で、重量の割に取り回しやすく、サバゲーや狩猟でも人気があります。

 

 

 

が、コンパクトというのは、逆に言えば「隠しやすい」とも言えるようで・・

警察からは “保安上” あまりよく思われていないようです。

 

(一応、5.5mmと6.35mmは国内の銃砲店から普通に購入できる銃なんですけれどね・・)

 

 

『所持の申請をやめるように説得された』

『他の銃にしたら?と言われた』

 

など、所持するのをやめさせようとする担当の方も多いようですので、申請にあたっては『所持するだけの理由』を用意しておく必要があるかもしれません。(全ての方が・・という話ではありません)

 

 

 

個人輸入する銃全般に言えること

 

以上、FX社ブルパップ式エアライフル『ボブキャットMk2』を、個人で輸入する場合の注意点について紹介しました。

 

上記の注意点(特に3つ目)について納得&クリアできる場合のみ、個人で輸入することを考えたら良いかと思います。

 

無理やり申請を出しても、許可が降りなければ面倒なことになりますしね。

 

 

 

それと・・僕もエバニクスのレインストームを個人で輸入してますし、他の方の輸入の手伝いもしているのですが、

 

長く使っていきたいのであれば、『(スプリング式など)故障に強い構造の単純な銃を選ぶ』か『個人のメンテスキルを高める』か『銃砲店と個別につながりを作る』必要があるなーと感じています。

 

 

個人で輸入した銃は、国内の銃砲店で見てくれませんし、

一方で、銃は定期的にメンテが必要な道具ですから。

 

 

そこらへんを何とかできなければ、いつか困ることになりますので、どうにかクリアできる見通しが立ってから輸入を検討すると良いですよ。

(分からない点などはサポートします。質問などあれば「お問い合わせ」からご連絡ください)

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top