ネットで稼ぎ、野菜を育て、魚を釣って、肉を狩る。「健康な心身」と「家族との時間」を手に入れるため、選んだのは半自給自足の道だった。
Read Article

今年度より『のとしし団員』としても活動します

今年度より『のとしし団員』としても活動します

どーも、こんにちは。

猟期が終わっても狩猟に携わっている、トシです。

 

 

今年度より、『のとしし団』の一員としても活動することになりましたので、報告します。

 

団員ナンバーは、まだ決めていません(笑)

 

 

『のとしし団』とは?

 

昨年の夏から始めた「イノシシの捕獲・解体・精肉・販売」の手伝い。

 

これらの活動、昨年までは羽咋市の事業の一環だったのですが、じつは今年の1/1より「地域おこし協力隊員」が独立&法人化して、『合同会社のとしし団』として活動していくことになりました。

 

 

ただ、大きいイノシシは130kgを超えますし、捕獲されるイノシシの頭数も増えるばかり。

二人いた地域おこし協力隊の一人が小松市へ行ってしまい、とても一人でできる活動ではありませんので、今までの流れで4月以降も手伝いを続けることになりました。

(現在のメンバーは団長、団員2名、新地域おこし協力隊2名の5名となりました)

 

 

公式サイトはこちらで、情報発信用のサイトはこちらになります。

(後者のサイトでは「イノシシに関する情報」や「のとしし団の活動」を発信していく予定です)

 

 

 

のとしし団員としての活動内容

 

のとしし団では、基本的に『各メンバーがやりたいことやる』というスタンスです。

そのため、僕は既存の「イノシシの捕獲・解体・精肉・販売」はもちろん、「サイトでの情報発信」も担当し、今後は「のとしし肉&革の通販サイトの立ち上げ」などもやる予定です。

 

僕らの処理した肉はとても美味しく、自信を持って勧められるのですが、『買える場所が分からない』という声をよく聞きますので。

(今は公式サイトからの電話orメール問い合わせか、ふるさと納税での申し込みのみ・・)

もっと気軽に手に入るようになったら良いですよねー。

 

 

他にも、『イノシシ肉を使った健康推進活動』や『狩猟者向けのトレーニングクラブ』などもやってみたい。

みんなでイノシシ食べて、みんなでワイワイ罠作って、みんなで狩猟できたら・・楽しそうじゃありませんか?笑

 

 

個人的にも、

・猟師としての腕を磨ける

・より多くの人にイノシシを食べてもらえる(=身近な人の健康に繋がる)

というメリットがありましたので、団員としての活動を決めました。

 

 

 

あとは、「団長である加藤くんの夢を手伝いたい」と思ったのと、「住宅ローンを確実に通すため」って理由もあったり。

 

 

加藤くんってのは、のとしし団の団長です。

元地域おこし協力隊。

 

『イノシシを羽咋の名産にできたら面白いよね』と、京都から出てきて、何も無いところから羽咋市と処理場作って、イノシシ獲って、とやってきた人。

 

そんで、関西人なので話は面白いんですが、人前で話すのは大嫌いという。笑

 

そういうの見てて、なんか「手伝ってあげないとなー」と思ってしまったんですよね。

 

 

 

そして、ネット系の個人事業(非法人)って、目に見えるもの(在庫など)が無いせいか信用度めっちゃ低いんです。

節税してるのもありますが、売上と利益があっても、ローン通りません。

 

法人化してればまた違ったんですが、今になっては後の祭りですね。

 

 

というわけで、色んな思惑が重なって、のとしし団員になりました。

 

もちろん、個人の事業も今まで通り続けていきますので、いつも施設に居るワケじゃありませんけれどね。

 

今年は「畑」に「猟」に「漁」と、忙しくなりそうです。

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top