ネットで稼ぎ、野菜を育て、魚を釣って、肉を狩る。「健康な心身」と「家族との時間」を手に入れるため、選んだのは半自給自足の道だった。
Read Article

【輸入】一部空気銃のマガジン加工が可能になりました

【輸入】一部空気銃のマガジン加工が可能になりました

どーも、こんにちは。

トシです。

 

僕は空気銃の輸入の仲介をしていますが、つい最近、一部の空気銃においてマガジンの「現地での加工」が可能になりましたので、お知らせします。

 

『警察がマガジンを自分で加工することを認めない』『マガジン無しでの輸入も認めらなかった』という人には、朗報ですね。

 

 

交渉の結果、現地での加工に対応してもらえるようになりました

 

今までは『マガジンの加工には対応してない』『それは私の仕事じゃないんだ』と言っていたアメリカの銃砲店。

ところが、何件も輸入を仲介しているうちに信頼&理解を得られたのか、少し前からマガジンの加工を検討してもらっていました。

 

住宅用シリコンでマガジンの穴を埋めたり、マガジンを削ったりと試行錯誤してもらっていましたが、いずれも上手くいかず。

結局、『マガジンの穴を金属シリコンで埋めて固める』という方法で加工してもらえるようになりました。

 

金属シリコンで固めてしまうため、通常のシリコンだと起こりやすいミスリロード(6発目以降のシリコンが銃口内に間違って装填されてしまうこと)が起こりにくくなっています。

※絶対に起こらない訳ではありません。

 

 

 

加工済みのマガジンの画像

 

以下が、実際に加工されたマガジンの画像です。

 

キャリバーガンのクリケットのマガジンに、

 

エバニクスのレインストームのマガジンです。

 

いずれも綺麗に加工してくれており、現地での動作も問題ないと聞いています。

 

 

 

加工できるマガジンと、加工できないマガジン

 

ただ、全ての空気銃のマガジンを加工できる訳ではありません。

 

加工できるのは『丸い穴型のマガジン』だけで、FXのボブキャットMk2のような「穴型ではないマガジン」は、金属シリコンを固定できないため加工が不可となります。※2018/4/6時点

 

 

×加工不可

FXボブキャット

FXロイヤル

 

⭕️加工可能

ブロコック コンパット (穴が丸くなっているタイプ)

 

 

 

加工費について

 

マガジンの加工費は1マガジンにつき25ドルとなります。

さすがに無償にはなりませんでした。

 

マガジンの価格だけ見れば国内で買うのと値段は変わりませんが(もしかすると送料含めて若干高いかも・・)、銃の選択肢は増えますね。

 

また『国内仕様だったら輸入できたのに・・』と涙を飲んできた方の需要にも応えられるかと思いますので、必要であればご連絡ください。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Return Top