ネットで稼ぎ、野菜を育て、魚を釣って、肉を狩る。「健康な心身」と「家族との時間」を手に入れるため、選んだのは半自給自足の道だった。
Read Article

【罠猟に】ツーリングセローにホムセン箱(アイリスオーヤマRV460)を取り付けた

【罠猟に】ツーリングセローにホムセン箱(アイリスオーヤマRV460)を取り付けた

どーも、こんにちは。トシです。

暖かくなって来て、バイクが気持ち良い季節になりました。

 

さて、4月から有害鳥獣捕獲の補助者としての活動も始まったので、2,3日に1回はツーリングセローで罠の見回り&餌やりをしています。

 

その関係で、より沢山の “米ぬか” を持ち運べるように、ホムセン箱(アイリスオーヤマのRV460)を取り付けましたので、ここで手順を紹介しておきます。

 

※ネジで完全固定する方法です。

 

 

用意するもの

 

・ホムセン箱(アイリスオーヤマのRV460)

・100均の木の板

・6mm×30mmのネジ×4本

・ドリル(6.5mm)

・ノコギリ

・ものさし

・10番のスパナ(またはレンチ)

 

 

 

1.アドベンチャーリアキャリアの天板を外す

 

車載工具の六角レンチと、スパナでキャリアの天板を外します。

僕のキャリアは穴の位置が1mmほどズレていたようで、外すのに苦労しました。

 

 

2.天板のゴムを4ヶ所外す

 

下の赤矢印の部分のゴムを外します。

外れにくいですが、下から押し込みながら引っ張ることで外れますよ。

 

 

3.箱裏の出っ張りを切り取る

 

アイリスオーヤマのRV460の裏には、ゴムでキャリアに固定するための出っ張りが付いています。

ですが、これはキャリアに載せたときにグラつく要因になりますので、今回は切り取ってしまいました。

ノコギリで簡単に切り取れます

 

 

4.木の板を裏にハマる大きさに切る

 

出っ張りを切り取ったとはいえ、やはり底には少しの隙間があります。

隙間がある状態でネジ止めすると歪みや割れの原因となりそうなので、底に板を挟むことにしました。

 

100均で買った木の板を、29.4cm×24.9cmサイズにカットすると、ピッタリはまりました。

 

 

5.木に穴の目印をつける

 

キャリアの天板を木の上に置いて、穴を開ける位置(ネジ止め位置)を決めます。

 

 

6.ドリルで穴あけ

 

今回は6mmのネジを通すので、余裕をもって6.5mmのドリルで穴を空けました。

 

 

7.キャリアに取り付け

 

キャリアに天板を取り付け、ネジ止め部分に耐震マットを敷いて、その上に木板→箱と取り付けました。

ワッシャは別途購入の16サイズに変更してます

ズレ防止目的に100均で購入

 

無事、取り付け完了しました。

 

右後ろにある緑の箱が、今まで使ってたもの。

これをネットで止めて使ってましたが、2日に1回 “米ぬか” の補給が必要&ブレーキで前にズレるのが不満だったんですよね。

 

今回ホムセン箱を完全固定で取り付けたことで、これからの罠猟が格段にラクになりそうです。

山道での使用については、今後使ってみてレビューしますね。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Return Top