ネットで稼ぎ、野菜を育て、魚を釣って、肉を狩る。「健康な心身」と「家族との時間」を手に入れるため、選んだのは半自給自足の道だった。
Read Article

【初】自分でイノシシ捕獲しました!

【初】自分でイノシシ捕獲しました!

どーも、こんにちは。

トシです。

 

この度、初めて自分でイノシシを捕獲しました!

 

 

・・といっても、有害鳥獣駆除の補助者として、ですけれどね。

 

 

まだまだ来ないと思ってた

 

土曜の午前9時。

 

突然、先輩猟師からグループLINEに『はかんとこのしし入った』という謎のメッセージが入ります。

 

 

読解に少しだけ時間がかかったあと、「あー、また誰か獲ったのか」と理解、「今日はやってないから、明日獲りに行くかなー」なんて考えてたのですが、

 

「ん?ちょっとまてよ?」と。

 

 

『はかんとこ』→『墓んとこ』

 

僕らが共通で知ってる墓近くの檻は、僕が見て回ってる地域しかありません。

「え?中川(その地域)ですか?」と確認してみたら、『うん』と。

 

 

まさか!!??

 

 

その場所、山の入り口にある墓場の少し上に設置した罠だったのですが、罠を置いた直後から木の伐採が始まった所だったんです。

 

竹や杉の大半が切られ、10m先も見えなかったのが、100m先までも見通せる場所になってしまいました。

 

当然、罠を置いて数日はきてたイノシシも、木が切られ始めてから来なくなってました。

 

その場所の伐採は2ヶ月ほどで終わったものの、近くの伐採は続いてましたし、まだまだ来ないと思ってた場所だったんです。

 

 

でも、かかったと。

 

 

半信半疑で罠を見に行ってみると・・・

 

ガシャーン、ガシャーン

 

檻にぶつかる音がします。

 

 

 

初めての自分管理の檻での捕獲

 

本当にいました。

 

すっかり夏毛に変わってることもあり、そんなに大きくは見えません。

若い個体なのでしょう。

 

近づくと、顎を嚙み鳴らして威嚇し、思いっきりこちらに向かって突っ込んできました。

 

もう、すっごい元気。

 

のとしし団の活動を通して100頭以上獲ってる経験上、オスは激しく威嚇して檻にぶつかってきますが、メスはぶつかる寸前で止まることが多いです。

だから、この個体も「オスかな〜」なんて思ってました。

 

 

ところが・・

 

 

捕獲したのは39kgのメスでした

 

なんとメス!

そして、意外とデカい!

 

 

しかも、夏毛だったにもかかわらず、意外と脂身が多く残ってました。

これは嬉しい誤算!

 

 

というのも、

じつは僕らの地域では、このイノシシをのとしし団の施設に入れて、衛生的に捌いてもらうことで『肉の2割』をもらえるんです。

 

39kgの個体なら、おおよそ16kgくらいの肉になるので、約3kgくらいの肉がもらえることになりますね。

 

末端価格3000〜4000円くらいのイノシシ肉が3kg。

個人で買うと、おおよそ1万円強くらい。

 

これがタダで貰えるのは、本当に嬉しいですよ。

 

とりあえず、大好きなランプは確定で、あとはどの部位をもらおうか。

これから暑い時期ですし、BBQなどで焼いて美味しい部位を選ぼうかと思います。

 

 

 

これからも引き続き獲っていきます

 

正直、今回は箱罠に慣れてない若い個体だから獲れたのだと思ってます。

 

これ以降も2つの檻で餌をまいてますが、ワイヤーの手前までしか食べてませんし。

檻を知ってる個体は、なかなか奥まで入りませんね。

 

けど、これで「来てる」とか「獲れそう」という感覚がなんとなーく分かったので、引き続きその感覚を探りつつ、イノシシと根比べしていきます。

 

とりあえず、まずは「同じ個体は毎日は食べに来ないから、1度食べても3日は同じ位置に餌をまく」ってのを検証してみようかと。

 

ちゃんと100kgサイズを獲れるようになりたいものですね。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Return Top