ネットで稼ぎ、野菜を育て、魚を釣って、肉を狩る。「健康な心身」と「家族との時間」を手に入れるため、選んだのは半自給自足の道だった。
Read Article

【猟果報告】今期の目標1つを達成しました

【猟果報告】今期の目標1つを達成しました

猟期が始まって約10日。

北海道では悲しい事件が起きてしまいましたが、みなさんは無事に無事故・無違反で獲れているでしょうか?

 

僕は、空気銃が壊れてる関係で「散弾銃+自作くくり罠+箱罠」で狩猟してるのですが、今期の目標の1つを早くも達成してしまいました。

 

『イノシシの10倍うまい』とも言われるアイツが、なんと “つがい” で獲れてしまったのです。

 

 

猟期前、箱罠を掘り返してたアイツ

 

InstagramやTwitterでは公開していたのですが、猟期に入る2週間ほど前に、ある獲物が箱罠にかかりました。

 

それがコイツ。

 

アナグマです。

 

 

タヌキと同じくらいの大きさの割に、大喰らいで山のようなの米ヌカを毎回完食して行くため、最初はイノシシが順調に来ているのだと思っていました。

 

ところが、どうにも箱罠の中や周りを局部的にほじくり返すという、イノシシにしてはなんとも大胆で汚い食べ方。

 

ずーっと「変なイノシシだなぁー」と思っていたのですが、ふたを開けてみればアナグマでした。

 

 

威嚇する姿が、なんとも可愛らしいですね。

(竹でつつくと牙を向いて襲いかかって来ましたが・・)

 

 

このアナグマ、『イノシシの10倍は美味い』『めったに見られない』なんて言われますが、僕は一度いただいて食べたことがあります。

むじな(アナグマ)をすき焼きにして食べてみた。味と香りと食感の感想。

 

ここらではレアな獲物ですし、自分でも捕獲&調理してみたかったため、この時は「うひょー!!」「これでいろいろ作れる!」とかなりテンション高めでした。

 

 

が・・・

 

残念ながら、羽咋ではアナグマは有害駆除の対象ではなかったため、その時は泣く泣く逃すことに…orz

 

「猟期に入ったら食ってやる」と誓いつつ、ヌカを撒き続けました。

 

 

その後も懲りずにヌカを完食しに来る、アナグマ。

学習能力は低めなよう。

 

 

毎回、罠の中を掘り起こすのだけは勘弁して欲しいですが(イノシシが入らなくなる・・)、行動範囲は広くないようで、猟期3日目の11/17に無事捕獲

 

しかも “つがい” で。

 

 

可愛いけれど・・止め刺しは空気銃で

 

いつも使ってる電気ヤリの都合がつかなかったため、止め刺しは『1匹欲しい』という先輩猟師にお願いすることに。

 

朝見たときは普通に罠の中にいるだけだったのですが、止め刺しに向かったときはこんな感じ↓になってました。

 

 

可 愛 す ぎ る わ !!!

 

なんでそんなところに登ってるのよ・・しかも2頭揃って・・。

こんなの、トドメ刺すのためらうに決まってるじゃないの。

 

でも、逃したら畑も荒らすし・・・、やむなし。

 

 

止め刺しは先輩の空気銃「FXサイクロン」で行いました。

※止め刺し動画は・・サイトには載せたく無いのでInstagramから見てくださいなm(_ _)m

 

 

左がオスで、右がメスだったようで。

並べてみると、その差は歴然。

 

 

持った感じ、オスが15kgほどで、メスはその半分くらいかな。

僕はオスをもらい、先輩にはメスを譲りました。

 

 

メスはとにかく美味しい(らしい)

 

先輩のメスは、内臓含めて『全部激ウマ』だったそうです。

猟師歴40年のベテランさんにもあげたようで、『ちゃんと食べるのは初めて』『とても美味かった』と喜んでいたとか。

 

確かに、肺以外のモツをもらって食べてみましたが、臭みも “ほぼ” 無く、とても美味しいですね。

(レバーと腎臓だけは臭ったけれど)

左から、大腸、小腸、腎臓、胃。これ以外に肝臓がありました。

 

 

ただ、僕のオスは・・・。

血抜きはしたものの、色々合って内臓摘出まで2時間ほどかかってしまったせいか、それともオスだからなのか、脂にある『ミルクのような香り』が調理法によっては気になります。

 

ちゃんと血抜きもしたし、捌きも完璧なんだけれどね。

 

 

とりあえず、スパイスを合わせると一気に美味しくなることが分かったので、これから色々と試してみようかと。

酸味のある調理法が合いそうな気がするかな。

 

 

そして、今回は先輩と一緒に『毛皮』も作ってみます。

去年作ったイノシシの毛皮と同様、『ミョウバン鞣し』で作成予定。

 

これを書いてる時点では、すでに5日ほど浸けてるので、そろそろ干しに入る段階かな?

脂が全部取りきれなかったけれど、果たしてどうなることやら。

 

 

この勢いで、次はイノシシ獲りたいですね!

URL :
TRACKBACK URL :

Comments / Trackbacks

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. いもけんぴ

    アナグマいいですね~自分は去年から猟を始め、今はエアライフルしかないので捕りたくても捕れません。

    今期初出猟でマガモのオスを奇跡的にゲットできたので鴨は満足し、今はヒヨドリやキジバトを狙っているのですが、キジバトがなかなか捕れません。木に止まっているところを見つけることは全くできず、近づいて飛ばれて初めて見つけられるという情けない状態です。
    キジバト猟のコツみたいなものはあるのでしょうか?

    • >>いもけんぴさん

      地域や猟法にもよりますが、アナグマはかなりレアなようですね〜
      ここらでは猟師歴30年以上のベテランさんたちがかなり驚いていました。

      罠は取得も容易いですし、エアと合わせてやってみてはどうでしょう^_^?

      そして、青首獲りましたか!
      おめでとうございます!僕は3年目ですが今まで1回しか発砲のチャンスがありません(笑)結果はもちろん・・・

      ヒヨやキジバトは地域によって「いる・いない」の差が激しいですね。
      こちらでも、街中ではよく見かけるのですが、撃てる場所ではほとんど見かけません。

      ただ、クズ米や果物などの餌を撒いておくと寄ってくるので、周辺環境に影響を与えない範囲で「餌場」を試してみるのは良いかもしれません。
      僕はそれでキジとカラスを獲りました。

      僕自身もキジバトはまだ獲ってないため、アドバイスになることは言えませんが・・
      キジバトは毎日「決まった時間」に「決まったルート」を通るそうなので、一度見かけた場所に1日中張り付いて観察してみるとチャンスがあるかも。

      友人猟師が迷彩テントを買って待ち猟してみるそうなので、猟果があればここで報告しますね(^_-)

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Return Top