ネットで稼ぎ、野菜を育て、魚を釣って、肉を狩る。「健康な心身」と「家族との時間」を手に入れるため、選んだのは半自給自足の道だった。
Read Article

【ビジネス】個人メディアで稼ぎたい/自分の事業を持ちたいという人は必見

【ビジネス】個人メディアで稼ぎたい/自分の事業を持ちたいという人は必見

どーも、こんにちは。

久しぶりのビジネス関係の投稿です。狩猟関係とは無関係(とも言い切れないのですが・・)ですよ。

 

ちょっと重要なニュースなので、ちゃんと共有しておかないとな、と。

 

今後、自分でメディアを運営していきたい方、または自分の事業を持ちたいと思っている人は必見です。

 

あなたは『ネットビジネス大百科』をご存知でしょうか?

 

僕は、メルマガを配信したり、メディアを運営したり、その類のコンサルなどを事業の一つとして行なっています。

それらを始めたのは、もう6年ほど前で、当時は何も分からない状態から手探りで進めてきました。

 

正直、上手くいったことより、失敗したことの方が多いくらいです。

 

ですが、その過程の中でバイブル(教科書)としているものが1つあります。

それが12年前に発売された『ネットビジネス大百科』という教材で、これはネットのみならず、リアルでの事業においても大切な『ビジネスの基礎』を学べる内容でした。

 

当時は(というか今も)、テクニックばかりに着目した教材が数多くある中で、これは『物事の本質』『人と人の本質』『人としての在り方』という部分に着目した商品だったわけです。

 

もちろん、多少のテクニックなども含まれていましたが、それ以上に『身の回りに起きる全ての事柄に応用できる考え方』が評判を呼びました。

 

結果、1本1万円ほどと安くないながらも、ネットビジネス業界では異例となる5万本以上の売り上げを記録。

多分、この記録は今も抜かれていません。

 

 

当然、費用対効果も凄まじく、サイトの運営から、メルマガから、コンサルなど全てに活かせる内容だったため、僕はこの教材のおかげで1,000万円以上を稼いでいますし、すごい人では億以上を稼いでいます。(マジで知り合いに複数います)

 

 

それほどに濃い内容の『ネットビジネス大百科』だったのですが、じつは販売が終了してしまいました。

 

なぜか?

 

それが、今回の記事を書いた理由です。

 

 

12年の時を経て、次の12年にマッチした内容に

 

ネットビジネス大百科が生まれ変わりました。

商品名は、『ネットビジネス大百科2』です。

 

前作との違いは

『競争で勝つこと』ではなく、『競争にならない市場を作ること』に特化した内容であること。

「ライバルのいない市場を作ってしまおう」という話です。

 

なので、『ネットビジネス大百科』という名前ではありますが、ネットビジネスだけでなく、むしろリアルの事業を持っている(これから持ちたい)人にこそ必要な情報だと、僕は考えます。

 

しかも、前回は1万円くらいでしたが、

今回は完全に無料です。マジで。

 

 

内容は『全7回の動画セミナー』で、そこに『オンラインサロン』が付帯する感じですね。

オンラインサロンは月2,000円かかりますが、最初の21日は無料で、もちろんいつでも退会できますよ

 

 

そうした理由は

 

詳しくは、以下の商品ページを読んでみてください。

作者から、その理由が書かれています。

『ネットビジネス大百科2』

 

 

新しいネットビジネス大百科2は、僕もまだ全て観ていません。

 

というか、教科書や参考書などと同じで “1回観ただけで全てを理解できるようなもの” ではなく、今必要な情報が、必要なだけ得られるような感じです。

 

前作の『ネットビジネス大百科』も、そういう商品でした。

 

自分の成長に合わせて学べることが違うんですね。

だから、1回だけでなく、必要に応じて何度も観ることになるのではないかと思います。

 

 

結局は、信頼関係あってのものなので

 

これを作った2人は、人として信頼できる人たちです。

少なくとも僕はそう感じていますし、実際に彼らの教材を元にして今の僕があります。

 

なので、今回の『ネットビジネス大百科2』のリリースは衝撃的でした。

 

一応、いつまでも無料という訳ではないようなので、あなたが今後『自分の事業で稼いでいきたい』と少しでも思っていて、僕のことを信用できるのであれば、今のうちに貰っておくことをお勧めします。

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top